伊豆☆シャボテン・公園

光跡★ロケ地

ウルトラマン

20話・恐怖のルート87

高原竜ヒドラの像


冒頭のナイトシーンのアングルです。
DVDは少し解りますが、VTRではほとんど真っ黒なので
当時のブラウン管では解るかどうか?と言う暗いカットです。
昼も露出を空けないと像が真っ黒になります(^^;

赤茶のヒドラ像は、16年撮影の像で
1つ上のグレーのヒドラ像は、06年撮影の写真です。
全体的には塗装が落ちているのが、所々残るグレーの塗装で解ります。

2011年「ウルトラマンと高原竜ヒドラ展」
シャボテン公園で開催され、ヒーローショーや
ヒドラのスーツやパネルの展示が行われ
以後、ヒドラ像内部に展示されてるパネルです。
*お土産売馬でも、ヒドラやウルトラマンのグッズも
販売されています。


科特隊5人がウエストショットで見上げるアングルです。
少し離れた下の段から撮影しています(図2参照)
看板が出来たのと、木の成長がここにも見れます。

図2
ヒドラ像と役者さん、カメラ位置などの関係が作品画面だと
解り難いですが、科特隊の後ろにある八角形の建物
サービスセンターとの位置関係を横から表した図です。


科特隊がヒドラ像前に立つ時に、像の後側から映すと
バックにある八角の建物サービスセンターです。
今はヒドラ像側には通路に屋根がある為
別角度からの建物の形が解りやすい方向の写真です。


サービスセンターのヒドラ側の1本だけ逆三角形の柱
画面でも確認出来ますが、現在も存在しました。
上の部分にあるのが通路の屋根です。


ピラミッド型温室アメリカ館と旧展望台の
ミドルショットは、もう少し左からで図1に在った
施設の高台から撮ってますが、今は無くなってしまい
その高さに行けない為、近いアングルからです。
引きだと、さらにヒドラ像の存在感があります。

   

作品画面だとハレーションを入れ込んだヒドラ像のアップです。
ハレーションはデジカメの小レンズでは無理でした(^^;
右の赤茶は16年撮影のヒドラの頭部です。体のグレーは塗装が
落ちてますが、口ばしや目、角?は黒く塗装されています。


真後ろのカットはもっと下からなのですが
ヒドラ像後ろは立入禁止なので、係の人に
お願いして作業用通路から撮影させてもらった
後からのフルショットです。 ある意味貴重ですので
立体を作られる方?は参考にしてください♪(^^;


尻尾のヒレ部分も、作品画面はもう少し寄りですが
デジカメのズームと、立入禁止では無い所からは
コレが限界でした(^^;  ヒレに亀甲模様が在ります。
尻尾は羽根かもしれませんが、ウロコのようにも見えます。


科特隊飼育係がフルショット(全身)で像を見るカットです。
科特隊の背丈ほどに見える緑は手前の崖にあるもので
実際に2m近く(当時は)在った訳ではありません。


ウルトラマンでは入口は映さないようにしていますが
仮面ライダー14話ではサボテグロンの基地の
火薬庫ゲートになっています。


大室山頂上からズームしたヒドラ像とサービスセンターです。
ヒドラ像のやや左上に八角形の屋根が見えます。


シャボテン公園の引きの画は、現在の大講堂の
辺りから撮影されています(図1の右が大講堂)
作品画面の右には円柱の展望施設(図1
写真黄色部分が在りますが、現在は無く跡地にも行けません。

    図1
大室山頂上からズームした円柱展望施設跡地です。
四角い石垣の建物下に円柱施設に行く階段が見えます。
*写真下は現在のシャボテン狩工房

  画A
キャップらが通報を受けてラクダの所に行く時に
出てきた岩場。今は扉が付いていて岩も崩れ防止に
モルタルで詰められていますが
扉右の三角大岩は健在です。図1
*ラクダは数年前に居なくなりカンガルーの丘になっています。
さらに工事が(一部開始)なされ姿を変えるようです。


他にもウルトラマンにはカバ、象、馬(馬車)などが
出演していますが、現在は居ません。
はすばしっこく撮影不可能でしたが
ダチョウはなんとか、同じ下手向きの顔を撮影出来ました(^^;

ウルトラマンA

31話・セブンからエースの手に

ピラミッド形温室


北斗、美川隊員と共に飼育係りが指刺すカットの
一番大きいメキシコ館のピラミッド形温室です。


獏山少女が走るピラミッドが重なる画は
残念ながら植物が育っていたりして、無理でしたので
なるべく近い雰囲気の写真です(^^;
*実際は5つあるピラミッドのうち、アフリカ館なめの
森林性・マダガスカル館を左に入れメキシコ館をバックに
アフリカ館方向に2人は走っています。


ラストに北斗隊員がダンと少女と居るカットも
現在は木や建物で同じ角度からは不可能でした。
*画像は同じ画面にある北斗隊員の右肩横に見える
森林性・マダガスカルと大室山です。

バクのスペース

   図1
バクちゃんの居た所です。撮影では画面奥の石垣が
低いですが、本来お客さんが見る方がその低い方
なので、この写真は作品画面と手前奥が逆です。

       夢の中…ZZZ
バクは現在も居ましたが、A当時のでしょうか?と係の方に
(72年頃から)と聞いた所、寿命的に30年は
生きないそうです。 小さい方は去年産まれたそうですから
親が、セブンが守ってくれた
バクちゃんの子供かもしれません?(^^;


TACパンサーが登る急な坂道です。図1
マイカーの方の出口をパンサーは逆走しています。
ゲートはA当時はブリッジ型で、今は柵扉になっています。
*この道は送迎バスは通りません。

図1

ウルトラマン

5話・ミロガンダの秘密


同じ伊豆シャボテン公園グループの
伊豆ぐらんぱる公園地球儀大温室に続く
水中通路は無くなりましたが、それと同じ建材の
通路がシャボテン公園に在ると聞いたので
訪ねて見ると、メキシコ館に続く地下通路でした。
確かにアーチや幅は近いのですがガラスでは無いので…
ほんとうに雰囲気だけです(^^;

10話・謎の恐竜基地

シャボテン公園にはモンスター博士の屋敷に通じる
通路のモチーフになった本当の岩穴の通路が在ります。
作品のイメージで、岩に書かれた動物の模様も怪しい獣の
模様に見えてきてウルトラマンファンには別の意味でも
リアル体験できる楽しい通路です♪
*実は通路はキャップ達が通っていて旧・ラクダの所の
場所に出る通路です。画A(左・現カンガルー丘)

実際は*カメラ引きが取れなく照明などの問題からこの通路を
モチーフ(参考元)にしたセットで撮影されています。
*カメラ引き・撮影に必要な被写体からの引いた位置。
人の目に近い標準レンズでは四畳半を四畳半に見せるには
その外のスペースから撮らないと狭く見える為
映画やドラマの部屋のセットなどは本物じゃなくスタジオに
建てこみ壁の外の距離から撮影します。

高原竜と荒原竜☆ポルカノ・プテリンクス

ウルトラマンの世界ではなぜか?怪獣の方が高原竜ヒドラ
公園の像が
荒原竜ヒドラとされ、出販物でも分けてるものと
同じ
(高原)
のものがあったりしますが、今の所前記のように
分けていますけども、怪獣の方がむしろ
荒原で伊豆高原にある
像こそ
高原竜だと思うのですが?(^^; *読み方は同じです。

シャボテン公園の像は本来ポルカノ・プテリンクス像と言うが
ウルトラマン放映後、公園の印刷物や係りの間でも
ヒドラ像で通っています。
ポルカノ・プテリンクスは、頭部が鳥、胴体が哺乳類、
尾が爬虫類
と言う架空の動物に対して、ヒドラは有史前に
日本に居た設定の為尾や胴体
(特に手足)
そのまま鳥の姿で造型されています。
プテリンクス像の手足は4つ足の獣のように丸い。

シャボテンとは?


物はサボテンと同じ物を言う。中国から入った頃は
覇王樹仙人掌と呼ばれていましたが、オランダからの文化が
入るようになった頃、汚れを取るシャボン(石鹸)の代用品と
された事からシャボンが元とされる日本語でサボテンの音便。
英語でサボテンは・CACTUS 

昔から長沢浄水場、向ヶ丘遊園駅にならんで有名なロケ地です。
他にも
チビラくん(オトヒメさま好き!) 仮面ライダー14話 
トリプルファイター  仮面ライダーブラック43話 
などでも使用しています。

伊豆シャボテン公園

静岡県伊東市富戸
無休 営業時間9:00~17:00(11-2月~16:00)
入園料  大人2300円 小学1100円 
駐車場・200台(有料) 
*価格は参考まで。

ウルトラファンもライダーファンも行きましょう~♪

   図1

★伊豆・シャボテン公園メインゲート★
仮面ライダー2号の有名なスチールの
背景と比べると、かなり飾りが豊富になっています。

        

 

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system