東京ガス☆世田谷整圧所・近辺

光跡★ロケ地

ウルトラマンA

45話・大ピンチ!エースを救え!


ウルトラに数回出て来るガスタンクです。
45話は、最もメインの話なのでトップに書きます。
TACパンサーが停まっていた守衛宿所の門です。
現在は2階建ての綺麗なものに建て替わっています。

25話・ピラミッドは超獣の巣だ!
TACのメンバーが、地上攻撃するバックにタンクが見えます。 
北斗隊員が1度やられてミチルが呼びかけるの所も同じです。


リストにも入れていませんが30話など少しだけ
弾着やスモークの戦闘シーンでも、タンク近辺の空地が
使用されていまるので、奥にタンクが映ります。

ウルトラマンティガ


第5話で、レナ隊員操縦するGウイング2号
 液化ガスタンクを吊り上げるシーンの撮影にも使用されます。
上の写真センターの塔もホリイ隊員と共に映ります。

 
昭和31年に建設。

10万立方mの球形タンクは、当時世界最大級と言われ
話題になったそうで、2期の頃は6つのタンクが在りました。
環八から少し入った所にあります。

東京都世田谷区粕谷1丁目

帰ってきたウルトラマン

28話・ウルトラ特攻大作戦


バリケーンの発見後に、浮いてる合成画面で
ココのガスタンクが、素材として使用されているのが
タンクの階段、などの方向などから解ります。
実際には画面のように撮影するのは不可能で
手前右のタンクは加工されている3重以上の合成で
ベース(バリケーン以外)は18話の流用です。


この場所も周辺にタンクよりも高い建物や
木々も多く育っているので、タンクが解るアングルで

撮影出来るポイントが限定されますので
最も多く見える位置からのタンクの写真です

18話・ウルトラセブン参上!

ベムスターが襲う、2つ目の場所は設定上
ココのようで合成素材に使用しています。

 
画面では合成とミニチュアのみで、ロケ地的には
合成の素材として静止画部分に実景タンクが
短い尺ですが使用されています。
ミニチュアも出来が良いのですが、1つの画面としては
あまり良い合成画では無く、28話でタンクの位置を
1段に修正した画として同じ合成マスク(素材)を
再使用されています。


1つ目は、東京ガス谷原整圧所
2つ目の戦闘後に、このすぐ側の芦花恒春園から
MATビハイクルが発進するラストが撮影されています。
つまりココが、ウルトラブレスレットを
初めて使用した場所なのかもしれません?(^^;

18話ラストに見えるのは、環八沿いの
都営八幡山アパートの給水塔です。
 

ウルトラマンA

26話全滅!ウルトラ5兄弟

27話・奇跡!ウルトラの父

群集のバックにも使用されています。
画面で看板が、あるのは図の左の道です。

40話・パンダを返して!


タンクの裏手にある、現在の倉庫群です。
パンダグッズを隠した倉庫は、青いゾーンにある
当時の倉庫だそうで、現在も倉庫はたくさん
 在りますが、建て替えも多くて数も多い為
聞いてみても、現存するのか?
同じく見える位置が在るのかは解りませんでした。

      

        

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system