荒崎☆公園

          光跡★ロケ地

ウルトラQ

海底原人ラゴン


万条目ラジオを手に、ラゴンに誘導して行くと
行き止まりの崖になるシーンは
現・荒崎公園潮騒の丘で撮影されました。図1
当時の画面だと、ほとんど緑の無い崖ですが
緑が多くなり、やや斜めにカメラをしているカットですが
傾斜とアールから崖のコノ辺りなのが解ります。


なんと、08年に行ったら…上の写真の崖が
大幅に崩れてしまっていました。
ある意味、岩肌は綺麗で、土の断面も綺麗でしたけど
自然の事なんですが・・・少し残念なような気がします。


作中の崖の削られた様子は憩の丘から弁天島の方に
行った崖図1が似ていますが、十文字洞が画面の
左の位置に来てしまうので違います。
崩れてしまったのでカン違いしてしまいそうですが…
*十文字洞・2つの洞窟が中でクロスしている洞窟。

荒崎公園近辺

図1

ウルトラセブン

46話・ダン対セブンの対決


U警備隊黄色いゴムボートが2つ接岸された所です。
図1夕日の丘の南側で、潮風の丘よりから撮影しています。
灯台近辺が、撮影に使用した観音崎近くで撮れなかったようで
荒崎で
ウルトラ警備隊の海岸近辺の様子は撮影したそうです。


U警備隊が、変装姿で奥に走って行く時のカットです。
作品画面より、水溜まりは大きいのですが
細かい岩の部分(水の中も)と、遠景から合わすと
この水溜まりだと思います。
近くに似たような形のも、ありそうで・・・無いんです。(^^;

 

荒崎公園

荒崎は平成15年の地方自治法の改正で
横須賀市総務部の管理の公園になっています。
有料駐車場有り・平日は無料。

図2

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラマンタロウ

33話・ウルトラの国大爆発5秒前!

34話・ウルトラ6兄弟最後の日!


東光太郎「兄さんたち~♪」と手を振って
向える所は図1です。 右下に小さい洞穴がありますが
現在は崩れてしまっていて解り難いので上の画像は
少し引いたサイズで洞穴を解りやすくしています。
この場所へは、左右どちら廻りで行っても困難な場所です。


ウルトラ兄弟が続々とZAT隊員の体を借りる合成の
背景は図1に在る砂浜…とまでは言えないような
小砂利のスペースです。*ウルトラ兄弟はスタジオの合成
Aの頭部のリングは、やはり抜けていなく白く2度目は大きい。


タロウ(東光太郎)が兄さん達をバーベキューに招待し
巨大化したゾフィとの会話の合成は現・荒崎公園図1側と
もう1箇所佃嵐崎の方でした。
佃嵐崎がメインでしたが、ロケの予定は荒崎だったようです。

帰ってきたウルトラマン

9話・怪獣島SOS


ラストシーンで、もう最後かと思われた時
MATの救助隊が、やって来るのを
見つける崖が、荒崎(公園)図1です。


木々の成長と、撮影の足場が取れないので
本来、もう少し右方向の下から撮っていますので
右側が画面と合いませんけども
右上の少し凸出た部分と凸出た部分の間に
南隊員が立っていました。
崖は左の方がパターンが縦で、右はパターンが違い
黒い岩が点在します。
作中の画面だと奥の緑の在る方が暗いので
作品的には夕方に近い印象ですけども、撮影的には
午前か昼すぎの比較的早い時間なのが解ります。

十文字洞

9話・怪獣島SOS

 
南隊員らがダンガーを見つけ、ダイナマイトで塞いでしまう事にして
仕掛け後>避難し*爆破を確認した洞窟出口です。
図1
真ん中上に特徴ある岩スジの黒模様が健在で
奥の洞窟との間の柱具合も、略そのまま残っています。
歩道沿いに大、中、小と在る、の洞窟が使用されていて
作中カットにも在る
の写真奥に見えるのが小サイズです。
当時は在りませんでしたが、今は海までの歩道が整備され
中の岩がモロいそうで、
立入り禁止の柵と、内部に網が貼られ
中に入る事が出来ません。

*本物の火薬では無く、粉末を空気圧縮で
飛ばしてる画に、爆破音を着けたもの。

十文字洞・内部でふたつの洞窟が交差していると言うか…
複数の洞窟が入り組んでる感じです。


洞窟内部のカットも、この中のようですが、内部に入れないのと
崩れてしまっているので、詳細な検証が難しいですが
の写真の部分は、南隊員が1ショットのバストサイズの
背景だと思います。
公園のメイン的な場所なので、人が居ない様子の撮影も困難なので
観光客の居ない(少ない)時に再検証してみたい所です…

     

          

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system