佃嵐崎

ロケ地★光跡

ウルトラマンタロウ

33話・ウルトラの国大爆発5秒前!

34話・ウルトラ6兄弟最後の日!


33話で、4兄弟が来て「どんどん食べてください」
バーベキューを囲むカットです。
まだスカーフを見ても風が強くなくて、午前中の
ようですが、後に強風と逆光が待っています。
この頃の
ウルトラ兄弟では「ゾフィ」は呼び捨て(^^;


画面だと円卓の奥に少し下がって(低い)る所にも
石のベンチが見えます。


現在も残るウルトラ兄弟の円卓です。

   写1
石の長椅子は1つだけ、右が破損していますが残っていました。
当時の画面からだと、ゾフィのスーツを丘の上に立たせた

生合成で、俯瞰から見ると最低4つあります。


33話タロウに1人で、はやく行くように言うカットと
34話光太郎ZATに帰ればいいんでしょと階段を
降りて行き、(帰マン)北斗(ウルトラマンA)を制する
カットのアングルです。 
当時は鉄の手すりがあり、左に長椅子が1つ見えますが
現在は階段と円卓だけが残っています。


が上の3人の兄弟に対して、タロウが可愛そうだ言い
北斗がオレだけでもと、行こうとするカットです。
画面だと左の岩の白ぽくなる位置まで、が高く
打ち寄せていて、風がそうとう強くなっています。
北斗が降りる階段も、真っ黒なくらいの陽の方向
なので、午後の夕方近い時間です。


光太郎が走るバックに見える特徴ある岩も
の間にあります。
少しタロウの当時と違い、歩く場所が人工的に

作られています。

ゾフィとの合成カット


このゾフィとの合成カットは資料からは荒崎*だったので
兄弟がZAT隊員にノリ移るカットの横だと思いましたが
35mmを持ち込むのには、ありえる場所と思い
ましたけども、丘の部分を検証すると
こちらの佃嵐崎でした*剱崎と同じく詳細に

名前を別けていなかっただけかもしれません。

★上
ただ、当時より撮影の足場の岩が崩れたようで、34話の頭で
ゾフィバレーチームを見ろと言った後に、ダンが台詞を言う
俯瞰では1の長椅子の後ろに、スペースが在りますけども
椅子の位置が同じなら、波風で削られてしまっています。
それプラス、レンズが微妙に50mm以下の

  38~45mmくらいを使用した可能性も無いとは言えないので
50mmレンズだと、作中のフレームと同じ
引きで撮れるポジションがないので、上下に2つ分けにしました。
上の写真左にタロウと同じ岩のグレーが、まだ露出していて
上の方にゾフィの口の高さから平行に見た位置に
やや右上がりの段のラインが見えるのが一致します。

★下
その下、兄弟が立つ右下に映る円卓を、海側から撮てます。
左のグレーの岩部分を、上の写真2枚で比べると
より、引いたサイズなのが解ります。
上のゾフィや兄弟をイラストで書いたモノと
円卓を入れた写真は、解りやすくする為で

実際の
タロウのフレームでは、円卓の上の部分が
ギリギリに映るくらいなので、やはり遠くに
足場を組んだとかではなく、現在少し崩れた所からだと思います。
 

ウルトラマンタロウ

33話・ウルトラの国大爆発5秒前!

34話・ウルトラ6兄弟最後の日!

光太郎や兄さんらが渡る橋も、一部分
新しいパーツになっていますが
間に残っています。

印象的な橋ですが、作中では角に少し斜めに
入れ込んだ(上の逆もあり)カットが
あるくらいです。くぼみから煽りで撮影して
いるのですが、おそらくココも撮影時は
もっと水が引いていて、撮影しやすかった
と思います。


このウルトラ4兄弟が、ゾフィの提案でZATの4人と
大谷博士の並ぶ所へ
歩くカットはです。
当時と変わらない大きな岩があるので、すぐ解ります。
34話タロウバレーチームを見ろとゾフィが言って
映るのも同じ部分の浜を、もう少し俯瞰で撮影しています。
画面の水面の反射から、午前中のようで
砂浜には、
バレーチームやスタッフの足跡などが残り

荒れていますので、
ウルトラ4兄弟の歩きカットの方が後で
撮ってるのが、上の写真の砂浜状態と比べると解ります。
34話テンペラー星人が、もう1度出現して
ウルトラ4兄弟が体を借りる時に、並んでいるのも
この場所ですが、画面でも海草が多くあり
沖方向に岩場が無いので、その合成は荒崎です。


この俯瞰カットも、現ソレイユの丘の方から
もう少し角度のある画としての様子を
映しています。

34話のラストにウルトラ兄弟と別れた光太郎
ZAT(人間の)メンバーと再会するシルエットの
カットです。
特徴ある岩などが映り込んでるので解りやすい
ポイントです。
その前の光太郎ススキの中を来るのも
そのまんま、この右だと思いますが

・・・画的には光太郎が居ないと
ただのススキのアップなので省略(^^;

ウルトラマンA

34話・海と虹に超獣が踊る


姉と北斗隊員が覗き込む浜のバックは
佃嵐から荒崎方向です。 岩も同じですが
荒崎の突き出た1本の木は画面でも解ります。
作中では、もう少し左で浜が下にあるのですけども
岩と奥の木を中心に撮影しています。

Aの34話も剱崎と書かれたものが多いですが
佃嵐崎は少なくとも数カット使われています。

*広い意味での剱崎だとしても、個人的には
略しすぎで、荒崎近辺と思われます。


北斗隊員が少年を助け出す所も図
波が画面左から来てるのも合います。
*もっと波が高い。

 

佃嵐崎(つくだあらしさき・ざき)


現在は三浦半島の観光施設、ソレイユの丘が
出来た下にあります。
距離的には栗谷浜漁港からの方が近いですが
比較的フラットで楽に来れるのは
反対の東側からで、栗谷浜からは道(のような)
も、山側に入り込んだり、小ジャンプなども必要で
波が高いと行けません。

神奈川県横須賀市長井4丁目

                   

     

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system