旧・東京都・児童会館

★光跡ロケ地

ウルトラマン

36話・射つな!アラシ


射つな!アラシのメインロケ地
渋谷駅から近い東京都児童会館です。


科特隊専用車が停まって、キャップらが
降りてくる所は、アートオブジェのあたりでした。
アラシの科特隊バッチを剥脱する場面もココです。


バックの柱や窓縦の筋彫りの壁などが確認できます。
自衛隊のエキストラや、大人気番組の科特隊員全員が
ロケに来てるので、見学された方も居るそうです。


後に柱に子供の怪我防止にラティスがつけられて居ました。


ハヤタがアラシと子供を救出後、子供を引き受ける出口です。


ハヤタザラガスにやられて、気絶する壁は
この辺りにありました。
アラシが発煙筒を炊く美竹公園との境の
壁でしたが撮影後撤去されています。


 画面でアラシやハヤタが中を探す時に映る銅像などは
ありませんでしたが、船などの模型はいくつか確認できました。

会館にあった救世主ウルトラマンの絵

東京都・児童会館

1964年 昭和39年開館~平成23年3.11休館

2012年3.31日閉館 >解体・現存しません。

A building has disappeared in 2012.


東京都渋谷区渋谷1-18-24


JR渋谷駅東口から徒歩で7分位
午前9時~午後5時(夏・6時)
休館日不定休でした。


キャップ、アラシ、フジ隊員が上がって行く階段です。


 画面では階段の壁は赤ですが青に塗られていました。
この銅像も画面には無く、後ろの通気口が見えます。


上の階段の左側です。この階段を映す為か?
劇中ではエレベーターには1階から乗りません。


ハヤタ、アラシが子供を捜して上がり
子供を抱えて降りてくる階段です。
手すりが変更されていますが、その階段は
抜け(奥の様子)などからしてココしかありません。


ハヤタ、アラシがさらに上に行き
立ち止まり呼ぶ芝居をする階段です。
呼んでる方向は、実はたんなる壁です(^^;


上の階段も撮影時は赤かったのですが
屋上手前に少しだけ赤い部分が
残されているだけでした。


 2つのドアの真中上に丸い時計が画面では在りますが

そのだけが、はっきりまだ確認できます。


先にきた3人も、ハヤタ、アラシも乗った
エレベーターで「M2」の中二階が在るのが特徴です。


エレベーターホールは狭いのでカメラは向いの
壁の穴(デザイン上の)からの撮影だと思われます。
ハヤタらが屋上のドームに出る赤い自動ドアは
襖などのパネルを、コンパネなど赤く塗った
美術班のもので、この建物には存在しませんし
位置的にも開いても壁です(^^;

隣の美竹公園も合わせて撮影されています。

    

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system