東京☆交通会館

光跡★ロケ地

ウルトラQ

地底超特急西へ


地底超特急西への新東京駅が、撮影されたのは
東京交通会館ビルディング(現・東京交通会館)です。
15階回転レストランと13階ゴルフ練習場が有名で
子供の頃には、この上によくアドバルーンが浮いて
いた印象があります。
 

ココも新宿スバルビル前、渋谷の旧東急会館と同じく
ロケ隊の集合場所として業界では有名な場所でした。
 現在でも、銀座、晴海、お台場(旧・夢の島)方向の
撮影時の集合場所として利用されています。
同時に地方観光部署などが在り
ロケ撮影許可など相談に行く建物でもありました。


A階段1階正面の躍り場 一平が降りてきたり
イタチが転ぶ階段として使用しています。
壁の彫細工(画ではありません)も手すりも
作品と変らず存在します。

ホーム合成カット1


上のA階段躍り場から1階フロアを撮影したものが
新東京駅イナズマ号のホームの
合成カット右に使用されています。
カメラポジションの関係で、まったく同じ位置は
無理だったので、作品画像手前柱をポイントに
トリミング、人物を入れ込んでみました。


エキストラの配置を見ると、本来はフロアの
模様のラインでホームを切るつもりだったのかも
しれませんが、イナズマ号先頭車輌にはがあるので
別のアングルのホームとでは、車輌際の模様が
異なっています。

ホーム合成カット2へ



万条目淳が接客する塚本信夫演じる相川教授と
荷物(M1号)を預ける所も
この会館の旅行代理店が使用されています。
カウンターもほぼそのままの位置にあります。
このシーンは星川航空として撮影されたのかも
しれませんが、画面からも雰囲気の違いは明らかで
パリなどのポスターも、そのまま画面に映っています。
*塚本信夫その後MATの隊長で参謀の佐原さんと共演
*一平が居るパーラーもココだそうですが店舗は
沢山あり入れ替えが在る為に解りませんでした。


上のカウンター外の抜けに、見える外は
デジカメだと解りにくいですが
少しだけ画面と同じ壁面が左に確認できます。

 

 


石川進演じる西岡主任がマスコミを引き連れ
降りる新東京駅のエスカレーターです。
正面入り口に在るエスカレーターでサイドの
ガラス窓などは、そのままですが
吹き抜け部分に新しい2階部分が出来ています。

画面で飾られた柱は、右販売機後の金属柱の
後に在り、角度的に見え難いですが存在しています。
*石川進・科特隊イデ隊員候補で衣装まで在ったが降板
食事の芝居はマン16話のイデと見比べると
監督の演出なのがよく解る。


主人公イタチ少年が靴磨きをしてる所として
3階?エレベーターホールが使用されています。

  3階床
ユリちゃんの次の客の頭の後にの文字が
見えるのと、1番初めのお客の立った時の
エレベーター停止階が3なのですが
床の模様が画面と違う(年期があり新しく無い)ので
数字がデコイか?複数の階で2度以上の
撮影をしている可能性も考えられます。
*1階は階段下と同じ模様です。

   1階床


作品のイタチが居るエレベーターホールには
当時の会館の各階案内図が在りましたが
今はホール中央には無く、通路の壁に
新しいモノがあります。

江戸っ子の靴磨き少年


この作品は今より未来と思えるほどの超特急や
新東京駅などが登場するのに、主人公の少年は
靴磨きをしていると言うアンバランスです。
今でも有楽町には少し居ますが、60.70年には靴磨きを
してる人は多く、特に上野や有楽町はウルトラ世代も
靴磨きを連想する人は多い場所だと思います。
少年が靴磨きしてたような時代は、66年にも居た
かもしれませんが、終戦後の戦災孤児の人が
ほとんどで実際の料金にプラスして払う人も多く
現実には少なかったでしょうが、情報屋として昭和の
映画やドラマなどに使われる役廻りで登場しました。

もう少し年輩の方は会館と
ガードの間にあったすし屋横丁を、この地で
思いだす方が多く、すでに落語など一部を
覗いて一般会話では消えかかっていた
江戸弁が、なぜかすし屋横丁には残っていたと
言う人が多いです。
新しい有楽町のシンボル的存在の会館と消え行く
すし屋横丁靴磨きと言うこの地の要素は、意図的に
融合してるのだと思います。

*すし屋横丁67年に全面撤去。
*江戸弁、江戸っ子が話言葉。落語や時代劇に
出て来るが、
あばよ(さよなら)手前ども(私たち)
など、一般に知らずに使ってるのもあれば
べらんめー!などは、ばかやろう!と言う意味と
知らずに使ってる部分・人も居る。
語源は、三河弁・土佐・薩摩・長州弁から
来てるとの説も在ります。

東京交通会館

東京都千代田区有楽町二丁目10番1号
開業1965年10月
東京都と株式会社東京交通会館が区分所有
元の東京都交通局の跡地に出来
一部が移転したのが名前の由来と言われる。

 

東京駅・八重洲南口へ

 

          

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system