東宝・特撮プール

光跡★

旧・特撮大プール

図1

S26~S36年に存在していた砧撮影所の旧・特撮大プールで
奥のホリゾントが直線で、仙川寄りの手前が曲線でした。
S35年完成の第8ステージ前に出来る新プールに譲り
姿を消しています。
*右図2と図1のNO.8・9ステージで位置関係が解ります。
その後、S47年に成城東宝ボウルの駐車場になり
S50年にボウリング場を改築した東宝日曜大工センター
の駐車場の一部となり~大工センター廃止後も駐車場です。
*同S47年向ヶ丘遊園に向ヶ丘東宝ボウルも開場しています。

旧・大工センター

本来は特技課は第2撮影所をベースにする予定が
戦争や東宝争議による新東宝の分裂により、第2撮影所が
使えなくなった為、それまでの第1撮影所の仙川から北側に
特技課の施設を拡大、巨大特撮ステージ*NO.8を初め
*後にNO.8.とNO.9に2つに分化され入口は今も間のにある。
旧録音センター現・東宝サウンドスタジオ
北側(No.8.9の裏)*旧・NO.10ステージが造られました。


その特撮ステージのすぐ上(北)に、オープンプールと
ホリゾントを完備した特撮専用の旧大プールが造られました。
*解体後に現・NO.9の北側のステージが10ステージになる。


旧・特撮プールは駐車場になっています。
*プールの淵は丸太など木材でした。


旧・特撮プールの奥(北側)には、特美の作業・準備室などがあり
トタン小屋の内外には、東宝連合艦隊が並んでいて
英二さんも自ら点検しているスチールなどが残ります。
*35年の大プール完成後も、数年は準備室は
この場所にありました。

S26~S34年頃の砧撮影所

図3
旧・大プール自体(上も大きかったのですが
向きが南東からの光を貰う角度だったので

右側に高さは半分ほどの小ホリゾントを追加したりするものの
準備時間がかかり、太陽角度が充分得られませんでした。


また台風などの崩壊やNO.8・9ステージで使用したものを
持ち出す距離などの都合もわるく
映画のサイズがワイド化(横広)になって行く事で、ワイドな背景が
求められた理由から旧・NO.10ステージと共に姿を消しています。

S35年頃の砧撮影所

図4
S27年くらいから時代劇などのオープンセット(図1紫部)
抜けに、住宅や電柱などが出来てきたのもあり
高台の大蔵方面に移転して行きます(後の美セン)

その敷地を、S34年までの約7年はオープンホリゾント(右側参照)
として使用後、S35年太平洋の嵐の制作を機会に
ホリゾント前に大プールを新設(上画します。


その後もオープンホリゾントとしても使用しますが
水を抜き入れする時間と経費などの理由からプールとしての
機能に留まる事になります。

*上の絵のように旧大プールと新大プールはしばらくオープンホリゾント
としてもある事から同時に存在している時期が在りますが
新旧NO.10ステージや小プールが絵のようには混在していません。

小・プール


小型プール(NO.10ステージ2006年解体)の北に在りました。

旧・小プールと呼ばれるプールは、図1の頃
ほぼ同じ位置にありますが、今の小プールは
やや仙川寄りに移動し、サイズも変っています。
図1の頃のプールがイー57降伏せずのスタッフ集合写真で
ミニチュア艦を浮べ撮影されたものがあり
バックにオープンセット(時代劇・東宝銀座)も見えます。


現在はCG技術の発達で、主に素材撮影などの目的で
使用されています。

*上の写真は2005年にNO.10ステージが、取壊され
抜けにすぐNO.9ステージが見えている状態です。

砧撮影所特撮プールの歴史

全作品を、あげるのは困難なので
代表的な特撮作品を中心に記しています。

旧・プール時代

S30年 ゴジラの逆襲 北海丸の巨大ミニチュアの撮影
*ゴジラ上陸はステージ内
ラストのゴジラが閉込められる氷山は旧プールの
すぐ脇(北)に制作され撮影。*OPホリゾント前では無い。
S34年イー57降伏せず ラストの浮上しての戦闘など
S34年 大怪獣バラン の完成記念写真に
旧プールのホリゾントの全様が見れる。
S35年大プール完成後も、しばらく存在します。
*S36年公開のモスラの撮影時期にザ・ピーナッツの2人の
特写が旧・大プール脇で行われています。

オープンホリゾント(旧・プール前・他)
S31年空の大怪獣ラドン ラストの熔岩が流れる阿蘇山の
セットが組まれ、溶鉱炉から溶けた鉄を流したシーン。
*阿蘇山はステージ内にも操演の関係で造られ2つ存在した。
S32年 地球防衛軍
有名なモゲラの橋のセットが組まれ
大爆破のシーンがOPホリゾントで撮影されています。
S33年 大怪獣バラン 飛行機・戦闘機などの飛行カットで使用。
S33年 美女と液体人間下水口の川部分(外)下水口内はステージ。


-------35年大プール完成後---------


S36年 大阪城物語
水は抜かれ巨大な大阪城のミニチュアセットが
OPホリゾントに組まれています。
S37年妖星ゴラス南極の地球を動かすエンジンの炎(バーナー)が
並ぶセットをOPホリゾントに組んでいます。

大プール(初期1重)
S35年.太平洋の嵐(大プール完成)もちろんプールとして使用し
10超えの戦艦や空母が活躍しました。
S36年モスラ 自衛隊のセイバーが幼虫を攻撃するカット。
*幼虫の火薬無しはステージ内
S37年 キングコング対ゴジラ コングの海上輸送シーン。
S38年 太平洋の翼(撮影は37年)
プールとしても使用し、戦闘機の滑走などでOPホリゾントとしても使用。
S38青島要塞爆撃 水上離着陸複葉機1:1の水面としても使用。
S38年海底軍艦轟天号(4.5m)やラストのムウ国皇帝が行く海に使用。

大プール(中期2重)
S40年キスカ*南側プール枠がカメラに水が来ないよう二重になる。
S43年山本五十六 キスカ同様、海として艦隊が活躍。
S44年緯度0大作戦 油田調査船などで使用。
S44年日本海大海戦13mの三笠他連合艦隊・円谷英二最後の作品

大プール(末期)
S56年 連合艦隊 
巨大ミニチュア大和が帰って来た事で、多くの記者や
ギャラリーが詰め掛け話題になる。プール最後の華舞台。

平成ゴジラシリーズでは主に上陸前や帰る海として使用。
H5年のゴジラVSメカゴジラまでは、ドック部分が無い以外は
ほぼ変らない状態でしたがH6・7年から奥行き的に半分になり
幅的にも縮小され、大プールとしての存在が薄れて行きます。
2004年ゴジラFINAL WARS・超星神グランセイザー
最後に撤去されました。
2005年には、跡地に新ステージNO.11・12が建設されました。

特美倉庫☆大プールホリゾント裏

初期のホリゾントは作品事に張り替える布製で
雲や下部の山などをアングルで移動出来るメリットは
ありましたが、コストと自然の雨風などの影響を
受けやすい為、固定した壁が作られます。

その裏には特美倉庫が長く存在し怪獣や戦闘機、戦車などが
収容されていました。末期には*事件などが起きた為に
後半はフォトスタジオになっていました。06末~07年初頭解体。

*92年ゴジラスーツが盗まれ、まだ使用する予定だった
スーツの為 関係者は困り大きく報道する事となったので
ファンには有名の事件。

行方不明のゴジラに合わせて
ジャイアンツ>Mリーグ
松井選手に対し「ゴジラ甲子園に現る!」と言う
見出しの新聞記事が出た為、しだいに松井ゴジラの
ニックネームが定着している。

操演などで最上部に上り、ワイヤーやクレーンを
操作したり、*カメラを主観にした撮影などではカメラ自体を
このホリゾントの上からプール側に滑らせた撮影も行われました。
また、指示が広くメガホンを使っても届かない場合や
俯瞰で見る必要がある時はトランシーバーを
持った助監督などが、この上から指示をしたりしていました。


*川北監督の18番で主観の川北とも呼ばれた。
ウルトラシリーズだと
ウルトラマンAのTACの
飛行機コックピットからのアングルを影で再現した
視聴者が乗ってるように見えるカットを使用しています。

ウルトラマンタロウ

 8話・人食い沼の人魂


怪獣トンダイルタロウが沈む時と
ストリューム光線のポーズの間に入る
カットで使用しています。
画のタロウはスーツだけで、Sアクターは
入ってないようです。


13話・怪獣の虫歯が痛い!

水中弾着水・怪獣シェルター浮上で使用しています。


スカイホエール墜落カットでも使用されています。

特撮用・大プール

*2004年に残念ながら姿を消しました。

図2

この場所は旧・特撮大プール(左参照)があった頃は
オープンホリゾントとして使用していた敷地でした。
OPホリゾントの前に巨大プールを造ったものです。
*S35年大プール完成後も、OPホリゾントとしても
使用しています。

図2プール下部の濃い部分はドックと呼ぶ人も居ますが、完成後に
増築された部分で、主に10mを超える戦艦などを撮影順には
邪魔な事もあり、プールから出したいのですが…出し入れには
大型クレーン2機が1艇に必要で、時間も予算かかり破損などの
危険も増す為 一時避難場所として造られたそうです。
撮影で使う事も、まれにあったそうですが、80年代後半くらいに
英二さん他界後、10m超えの船の撮影する機会も無くなり
出来る人も居なく濃い部分は無くなりました。

面積約4000m2(ドックは除く) ホリゾント幅88m

時々解説にかよ?って言いたくなる凄い数字が
書いてあったり、昔は2~4倍もあったと言う文に
付属している
画像が4000m2のものだったりすると
恐ろしく広い事になってしまいますので、冷静に撮影所の面積と
比較して正しいか判断してください
(^^;
確かに平成6年~からは、半分とか1:4に柵で区切られ
注水量を減らし使用していて、それに対する
2~4倍と言う意味ではありますが、基本的にはS35年から04年の
撤去まで、外枠は4000m2のまま存在していました


深さも満水で約2.5mほどで、怪獣なども頭まで
水面下に収まりますが、基本的にはスタッフの
胸下くらいの水量が保たれ使用されていました。


空の時に掃除は手伝った事はあるのですが
なんだかいろんなゴミ?が沈んでいたりして
最初は楽しいのですが…広いので・・・やはり大変です(^^;

底には逆U字型金具が数mごとに埋められていて
エンジンやモーターの無い船を、水面下で操作したり
船や円盤が墜落するなどの操演のワイヤーを
フックで、どの位置にも固定出来るようになっていました。
撮影前にダイバーさんが、撮影部や操演部の指示で
一番近いU字に装着したりして使用します


オープンホリゾントとは?

ステージ(スタジオ)内のホリゾントは、見学に来る一般の方にも
そのままホリゾントと説明してますので解ると思いますが
ステージ内にホリゾントを設置した*発明円谷英二さんで
ある意味特撮のガラスマットなどの生合成の一種でもありました。
この場合、写真屋や商品なを撮影するようなホリゾントではなく
空(夕景・曇空・夜空・宇宙)や、街、山、海、など景色としての
バックを意味し、今はフィルムなどで投影したのもありますが
当時は雲などを絵として描いていました。
簡単に言えば空を描いたトリック絵で特撮です。

ホリゾントの発明

スタジオ内にを持ち込む発想が、昔は無かったので
ステージ内は、家などの室内セットが主で、縁側やベランダなど
外光と接するカットは、外(本物を借りる)
使用するのが普通でした。

*この場合の発明とは、映画の発明を米ではエジソン仏では
リュミエール兄弟とされるように、時代的に技術の進展速度が
今とは違い、詳細な技術提携などが無いので、他国で似た技法が
ほぼ同時期に発明されたので世界的に英二さんが第一人者と
言う事では無いのですが、日本の業界では知る人は知る事です。
今のような国境を越えたネットワークがあれば時間差で
世界的に英二さんの発明とされたかも?しれません。


オープンセットと言うのは聞いた事があるかと思いますが
オープンホリゾントを置くと言う発想も、普通の人には無く
今でも撮影選択にスタジオのホリゾントオープンの空抜け
あっても、オープンホリゾントを選択肢に入れてる監督さんは
少ないかもしれません。

英二さんは人工と太陽光の違いを理解した上で
逆に利用する事もあれば、大きな火薬鉄を溶かしたような
高熱な物を使用する場合も、迷わずオープンホリゾントを
選択し使用しています。

*撮影所は昔から照明の熱や、電気の漏電、撮影で使う火などで
火事が起きやすい為に、の側に築かれる事が多く
京都でキャメラをしていた英二さんは、特に重要建築が京にはある為
(時代的にも木造が大半)他の撮影所(会社)の壁も関係なく
火災が起きたら駆けつけ消化に協力するのが、当り前だった
京都仕込の火災予防(警戒)の意思が強くあったそうです。


OPホリゾント前の大プール。

波起こし機

図A
い為
自然の風による波では大き過ぎるので
小さを波の演出する機械が大プールにはありました。

図Aの上が通称すだれで前後に動き波を起こします。
2番目がスロートで上下に四角い部分が動き波を
起こします。上の2つは固定なので3つ目の
移動式大型扇風機で、いろんな角度から波を起したり
他の波にぶつけて複合して使用したりします。
全てエンジンで動き、機械の脇に操作BOXがありました。

主力艦きぬた?

大プールの撮影時には、ほぼ出てくる重要な船で
サイドに無反射ガラスがハメこまれていて、水面ギリギリや
やや水中なめの撮影を可能にしています。

カメラマンは、毛布なを敷いて腹ばいになって撮影したり
かなり無理な体勢での撮影をしていました。

オールを使う事もありますが、船首にワイヤーを縛り
ウインチで巻いて進も事が多かったデス。

船首サイドには誰が書いたのか?「きぬた」と書かれて
いたので、戦艦きぬたとか言う人もいました(^^;
*他にも、単なる木箱のような移動用ボートが
Qちゃんが知る頃は2隻いましたが名前は無かったと思います。

最後のホリゾント

            2005年完成
現在は大プールの場所にNO.11・12ステージが建っています。
写真左側面に、まだホリゾントが存在しているのが解ります。

ホリゾントも2006末~07頭に解体されました。
写真左側面が上の写真と比べると、ホリゾントが無くなり
スッキリとステージ壁を見せています。

ウルトラシリーズで使用された大プール

ウルトラQ

マンモスフラワー

お濠で根が映る合成カット↑上画左部分が
東宝のプールで撮影されています。
センターの男の人の肘が、木の左のラインを超えると
超えると少し消えますギリギリの合成ライン
なっています。
お濠での許可的な問題で合成で処理しています。


宇宙からの贈りもの
OPの海の部分を江ノ島近辺と使い分けています。

帰ってきたウルトラマン

14話・二大怪獣の恐怖東京大竜巻

郷隊員の乗る黄色いボートの俯瞰と
マットアローに手を振るアップも
東宝のプールで撮影されました。


 17話・怪鳥テロチルス東京大空爆


帰マンが戦うこの回の前半で、空中戦から落下
する帰マンのカットも撮影されました。
*東宝から美センに撮影を移してる頃ですが、前後編の為
斉藤プロデュサーのお力か?本館と同様に使用しています。


34話・許されざるいのち


のシーンで、抜けが水面以外何も映らないカットは
東宝のプールで撮影されています。


郷隊員水野が湖面に入って同じ深さの胸元までの
カットも、殆ど東宝のプールで撮影されています。

  
  47話・狙われた女


プール(手前)に、擬似の岸を作ってウルトラマン
入る所などで使用しています。

ウルトラマンA

19話・河童屋敷の謎


ウルトラタッチまでに泳ぐプール?も
大プールで撮影されています。
南隊員は…半分スタントのようですが。。。

20話・青春の星・ふたりの星


ウルトラマタッチは、19話と同時撮影も
あってか?少し衣装を変えて泳いでいます。
飛び出すウルトラマンAは、大サイズの飛人形
ガイドのピアノ線を、底に固定した滑車から
斜め上に張って引き上げています。

ウルトラマンタロウ撮影会

ウルトラマンタロウの初期の特写では
ウルトラの母や東光太郎と共に
大プールホリゾント近辺で、多数の写真撮影が行われました。
ホリゾントとプールの間の幅なども解るものがあり
今ではプールの資料としても貴重で
専門書やカードのなどの背景に見る事が出来ます。

 

左・メンコ 右・ブルマァクのカード13番

         

ウルトラマンシリーズ ロケ地 Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system