*号数などの名称は光跡のオリジナルで

公式の名称ではありません。

ウルトラマンタロウ:スーツアクター 長沢寛

ウルトラマンタロウのスーツの光跡

編集的なバンク(過去のフィルム)や、過去のスーツの改造、撮影進行での修復もあるので
各〇号の登場時をメインに、話数も主に%が多いモノ(号)を基本に区分けしています。

★光跡

    

図00

タロウのスーツは、基本的にはFRPマスクにウエットスーツと言う兄さん達と同じ構成です。
ですが、メンテナンス的には兄さん達からのノウハウで、かなりエコなスーツになっています。

オイルショックや、帰マンウルトラマンAと、アクションが強化
されてきた事からの創意工夫だとも言えますが、かなりの復活スーツが在ります。

結果1号~10号のタロウスーツが画面で活躍しています。

■例によって細部の名称が解説的には無いので仮の名称を図00で指定します。

セブンのアイスラッガー部分は、アイスラッガーでは無いですが
アイスラッガーと書きます。>図00オレンジ部分。

頭部くぼみ凹部分は「頭部凹」と記載します。>図00青

タロウビームランプは、セブンと違いマスク表面よりも
ドーム状に凸出て居て、ランプの周囲に金属リングがあります。
この部分をビームリングと記載します。>図00黄緑

プロテクターは、セブンほど言われませんが
そのままプロテクターと書きます。>図00水色部分。

首からプロテクター部分を、首下と書きます。>図00赤●

カラータイマー周辺部分を、タイマーフレームと書きます。図00ピンク部分。

図01

左3種頭部の鋲・山形、低鋲、2段鋲

図02

タロウ後頭部の凸モールド
デザイン的には在るのが正しいのだと
思いますが、Sアクターの脱着時に
取れてしまうようで、1.2号以外には在りません。

話数的には2.3話に在り、1度外れたままですが
5.6話で修復してます。

その後タロウとして無いパーツになります。

■鋲とホック

タロウの頭部凹やプロテクターに付けてある金属は、よく(びょう)と記載されています。

頭部には図01の左3つような3種の鋲が使用されています。
因みに、左から、山形、低鋲、2段鋲 と記載します。

また、プロテクターの金属はQちゃんの知る限りではホックでした。図01右側
*ジャンパーなどのボタンとして使われる、パチンとハメるモノ。

なので、図01右のプロテクターの金属はホックと書きます。
これは、全話通して同じパーツで形は1種しか在りません。

*またプロテクターが全部ラテックスにとの記載も在りますけども
おそらく、金属ホックごとプロテクターと同じ銀に塗装してしまった
状態の事で、よく見ればその銀ホックも剥げてきて金属が出てきます。

■グローブとブーツ
タロウは基本的に、セブン的な長いグローブでは無くショートタイプを使用しています。
ブーツも数種ありますが、基本変わりませんので
現状この2つでの差異は、スーツの号数の認識を優先させるので略記載しません。

■その他
脇腹電池は単2を6個ずつ左右に入れています。
タイマーと目のスイッチは、角の裏耳(下)寄りに着けられています。図02

号数について
タロウスーツは、メンテナンスに優れたスーツなので「スーツ」と言う
意味では10号大きく超えています。

ですので、基準はFRPマスクとプロテクターが同じなら同じ号数に
留める分け方を選択しています。

ですが、明らかに次のスーツに継続したのに、復活してきたマスク類は
新しい号数を与えています。例4号や6号は、後半に9号、10号として帰ってきます。

■修復と改造
ウルトラマンスーツは、初代から修復はアクション的に必ず行われます。
なので修復の範囲は基本記載しませんが、大きな修復は「改」改造として記載しています。
その間の微妙な~ゾーンも在るのですが、その境界は独断である事を御了承ください。

■修復・メンテナンス
タロウスーツの凄い所は、極端に言うとマスクとプロテクターを外し
赤いスーツ部分を入れ替える事が可能で、右腕ごと取り替えるても
肩の接合部がプロテクターの下で見えないと言う利点が在るので
他の兄さん達のように、肘や膝に大けがをしたまま数話出るような事は無くなっています。

ただ1つの欠点は、その後ウルトラマンレオで解消されます。

1号スーツ


●登場話 1.3.4.5.6話

  

 ●1号スーツ   基本系のタロウ1

デビューが1話のメインなので1号にしています。
実際には2号と同時の兄弟スーツです。

角は2号より少しだけ外向きです。*マスク部分の接合角度差。

ビームリングは金属素材のままです。>途中のメンテで銀塗装リングに変更されます。
頭部凹の鋲が、頭部凹センターより少しアイスラッガー寄りに付いています。

プロテクターは3話で(メンテ)少し斜めになってしまいますが、4話で直します。


5話からはホックが、プロテクターの修復塗料の銀で塗装されてしまいます。

目は左目のクリアパーツが少し前に出ていて、マスクの凹部分に対して左目は外に
少し寄っています。


覗き穴は最初は小さいですが、5話からアクションと安全性から少し大きくなります。

2号スーツ

●登場話 1.2.4.5.6話

 ●2号スーツ  基本系のタロウ2


デビューは1話なのですが、1話はサブで2話のメインスーツなので
2号にしています。 実際には製造的には1号と同時の兄弟スーツです。

角は1号より少しだけ上向きです。*マスク部分の接合角度差。

ビームリングは、パーツの元の金属のままです。

首下の面積が1号よりも広い=プロテクターが少し下((胸段差比)
装着されているので、背中のプロテクター上から首までの赤い部分が狭い。

カラータイマーが、タイマーフレームに対して下の位置に付いています。

目は左が、やや上向きで、電球が1号よりもセンターに入っています。

グローブもミドルサイズを装着する事が在り、ブーツも底が白いのも履きます。

3号スーツ


●登場話 7.8.9.12話

●3号Re 13.14.15.16話

●3号ReⅡ 16.17.18.19話
*16話途中でのリニューアルで跨る。

●3号スーツ 激闘と再生のタロウスーツ!

3号スーツは、ウエットスーツの赤い薄いカラーなのが最大の特徴です。

首が太くなって、後頭部の凸パーツは無くなります。*Sアクター脱着の為

プロテクターが広く(肩部が横に広げて付く)右が少し斜めです。

ボディの銀ラインは1.2号よりも直線的です。

頭部凹部分のが、右が外寄りに装着されています。

目ののぞき穴が大きく、銀(白)部分が小さく在る。

カラータイマーが、タイマーフレームの下寄りに在るタイプです。(ズレ)

当初は、胸のアンコ(詰め物)に大きいモノが使われました。
*その為、脇の電池が左右に押し出される事があり>戻ります。

また3号は、最も激しい戦闘を繰り返したタロウで
長期的には4号のアクション用でもありました。
*登場時は少しだけ大事にされ5号がアクション用。

また2度の大きなリニューアルを受けていますので
登場話数では3号>3号Re>3号ReⅡと分けています。

またバードンにヤラれて死んだスーツも、この3号ReⅡ
撮影的には、それが3号スーツのの最後です。

4号スーツ


登場話9~以後、3号のアップカット。
*28.38のバンクカットとしも登場しています。

 ●4号スーツ 最も綺麗なタロウ!

4号は登場時から凄く綺麗なスーツで、最初は3号のアップ用に使用され
アクションをしていません。

カラータイマータイマーフレームに対してセンターに綺麗に
装着されています。

特徴は3号と同時期の製造なので、首が太いです。

頭部凹部分のが、右が3号よりも外寄りに装着されています。

目の覗き穴は右、、やや斜めから空けられていて少し大きく
左目はパーツごと少し前に出て居て、目の穴も横位置から空けられて
いるのが特徴です。

カラータイマーや、のぞき穴からも3号がアクション、4号はアップと言う
初代マンセブンでも試みた、使用用途を分離した産まれだったのが解ります。


5号スーツ(1号改)


●登場話 9.10.11.13.*20話
*20話は、更に改修した5号改です。

  ●5号スーツ(1号改)復活のタロウ!

このスーツは登場時から新しく無く、当初は3号のアクションとして登場しています。

元は1号なのですが、改修%が多すぎるので新しい号数を与えています。
*なぜ1号かと言うと、新しく無い過去のスーツの中で3.4号は、同時期に
存在しているので、3.4号の改造では無いです。

残りの1.2号のどちらかなのですが、次↓に2号改(2号の跡が解る範囲の改修)が
存在するので、消去法的に元1号と解るような存在なので5号としています。

5号はプロテクターを貼り直しているので、プロテクターがヨロヨロです。
貼る位置も下の方なので、首下のスペースが広い。

ボディのカラーも濃い(修復しての重ね塗装)のも特徴です。

ボディの銀ラインは、セブンぽいライン(型紙が同じ)になっています。

1号の跡としてば頭部凹のアイスラッガーのセンターエッジや
ビームランプとの距離など幾つか細かいモノが残る程度で
消去法が無ければ、解り難いスーツなので5号までの段階だから判明した正体です。

また1号と同じく、後頭部の凸パーツが在ります。

2号・改スーツ

 

●登場話 12.14話

 ●2号改  タロウスーツの助っ人!

2号スーツの改修したスーツです。

1クールと2クールの隙間を埋める助っ人予備のスーツなので出番は少ないです。

プロテクターを貼り直しているので、プロテクターが5号と同じくヨロヨロです。
特に右側がヨロヨロです。 

カラータイマータイマーフレームより下付きで2号と同じです。

また目のパーツ自体は2号のままで、内部の白目(銀)は修復されていて
黄色い部分との境が最もハッキリしたタロウの目です。

プロテクターなどの出来や目の修復などの部分からも予備的なスーツだったと思います。
なのでバンク的な1カットなどを除くと12.14話にしか見られません。

また2号と同じく、後頭部の凸パーツが在ります。

つまり2号は、1号よりも損傷は少なかったようで目の修復などからも
雑誌など、他のメディアや宣伝の為に、復活させて予備スーツとして
控えていたようです。

6号スーツ

 

●登場話 17.18.19(光の国復活~)20.21話

*21話くらいから鼻の下?の塗装剥げています。

●修正6号 22.23話
*23話で右角が折れる。(バンクカットなどで補う)

●再修復6号 25.26話

●6号スーツ 銀ホックのタロウ!

6号スーツの最大の特徴は、プロテクターのホック
全てパーツのままの銀色(塗装じゃない)と言う部分です。

額のビームリングも、銀の素材で塗装されていません。

プロテクター自体の面積も大きく、やや下に付いているので
首下も少し広いです。

タイマーフレームは狭く、隙間があまり他よりも在りません。

頭部の凹部分の鋲は金色ですが、低いタイプの図01左から2つ目が
使われています。 
凹部分に対しては、ちゃんとセンターにが在ります。


後頭部もシルバーでは無く、グレー(汚れると濃いグレー)なのも特徴です。

 後頭部がマスクのとは違うグレー。

7号スーツ

 

●登場話 24.25.26話

改修7号・29.30.31.32話

改修7号Ⅱ・33.34.36.39.40.42話

*33話で胸パット改
*36.40話は半分のみ登場。(8.9号と半分ずつ)

●7号スーツ 2度の改修で1クール以上戦ったタロウ!

6号スーツのプロテクターホックが、パーツ素材のだったので
7号は、イエローに全て塗装されたホックが付いてるのが最大の特徴です。


他のパーツ素材のままの金色とは違う質感のホックプロテクターです。

登場的には6号後半と少し重なり、使用は温存されていますけども
製作的には、6号とほぼ同じ兄弟スーツの弟です。

タイマーフレームも6号と同じく狭く、隙間があまり他よりも在りません。

プロテクターも6号と同じくプロテクター面積が広いタイプです。

また、6号と違う部分は首~後頭部の脱着に負担の掛かる部分に
更に余裕を持たせているので、首下にたるみが、かなり(そうとう)在り
首下はWスーツのとは違う塗装のになっています。

額のビームリングも、6号と違いマスクと同じで塗装されています。

頭部凹部分は、6号と同じ低いタイプです。

また後頭部やボディのラインのは、新塗料なのか?

とても綺麗な発色になっています。

後頭部も銀色に戻り綺麗、との境のラインもハッキリしています。

8号スーツ

NEXT

Coming Soon

 

 


9号スーツ

NEXT
Coming Soon

 

 


10号スーツ
Coming Soon

 

 


         

 ウルトラマンタロウスーツ Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system