多摩川☆宿河原                        登戸(小田急線鉄橋)    光跡★ロケ地

ウルトラマン

15話・恐怖の宇宙線


 宿河原堰堤の現在。(登戸・上流から)
撮影時より下流になっています。*下記緑文


ハヤタ隊員の変身した段々部分も、少なくなっています。

ウルトラマンタロウ

38話・ウルトラのクリスマスツリー
副隊長達の夢で、数人で乗る自転車を漕いでる回想?
で登場します。

ウルトラマンレオ

15話・くらやみ殺法!闘魂の一撃
津山が盲目と見抜いているダン隊長
ゲンを説得するシーンで使用しています。

放映日が74年7月19日(撮影はそれ以前)
その後2ヶ月弱で、この堰堤は姿を消します。

*この映像がウルトラマンで使用された最後の宿河原堰堤の姿です。


登戸川にある宿河原堰堤管理所の中には
旧タイプと現在の模型が再現され、昔の映像なども流されています。

宿河原堰は、多摩川南岸の用水取のために設けられたもので
ウルトラマンレオが放映されてる年
昭和49年9月1日の
大型台風16号による豪雨で、多摩川も大増水し
宿河原堰にぶつかる激流が迂回流になり北岸狛江市側の堤防が決壊。

特に家屋が川に流されるTVのニュース映像は
覚えてる方も多いと思います。

テトラポットを積んだトラックの行列が映り、投入しても
激流に飲まれのも覚えています。その後狛江市が
自衛隊の出動を要請
堰堤の爆破が行われたが効き目なく、かなりの爆破でしたが
4日の6度目の爆破でやっと成功しました。
流れが変わりましたが、19棟が流出・浸水1,270戸・12.3haもの被害でした。
終戦直後の
昭和22年以後起きた大災害以来の規模で
明治以前の流れを人間が変えた昔の軌道を通ろうとしたのが原因で
この災害が、人災か天災かをめぐり裁判で争れています。

この件で、塔の部分や、ブリッジは無くなり
滝のように見える大水害の原因となった堰は近年取り払われました。
その後、100m程下流に新しい堰が完成しています。


実相寺監督の「ウルトラマンの東京」(P50)で
健在であると言うのは(監督はダムと書いてる)
新しく出来た小さいものの事だと思います。*93年初版
氾濫にも触れた1文がありますが「河」そのものに
対するもので、この災害の件では無いと思います。

二ヶ領せせらぎ館

神奈川県川崎市多摩区宿河原1丁目5−1

ウルトラセブン

45話・円盤が来た


登戸・宿河原の境近辺の土手。
フクシンさんが自転車で倒れた後
少年に掃ってもらう所です。
(多摩水道橋と小田急線の橋の間)


現在は手前(北側)に新しい橋が出来ています。
この写真も2002夏のモノなので
もう古いのは使用されて無いかもしれません。


バックの小田急線(旧車輌)の方は
ガバドンと同じ小田急線の橋の下流の方で
バック左下にさらに多摩水道橋を渡車輌が見えます。

*光の方向からも倒れた場所では電車が逆光でアップは順光です。

ウルトラマンタロウ

10話・牙の十字架は怪獣の墓場だ!
ラストのロードワークに
小田急線少し下流(東側)が使用されています。

25話・燃えろ!ウルトラ6兄弟 
ラストシーンで使用されています。

34話・ウルトラ6兄弟最後の日!
ラストで使用されています。

48話・怪獣ひなまつり
ウルトラマン恐怖の宇宙線
同じ土手が使用されています。*翌年崩壊

52話・ウルトラの命を盗め!
新副隊長のトレーニング前半に登場します。
*単独の撮影部分で使用されています。

ウルトラマンレオ

5話・泣くな!おまえは男の子
ラスト・トオルが丸太飛びをする所

快獣ブースカ

3話・ブースカ対パースカ
ラスト近く、ガバドンと同じ
石の埋め込まれた土手で撮影されています。

5話・ブースカの名ガイド
馬を借りて追跡するシーンで
宿河原堰堤の東京側下流が使用されてます


8話・ロケット騒動
ブースカの乗ったロケットが墜落。
ボートが転覆する所でも使用されています。

ウルトラマン80

42話・さすが!観音さまは強かった!

ラストにUGMが、御褒美に当時人気のアイドル
倉田まり子ちゃんに会わせてくれた場所は
旧・小田急線鉄橋下の河原、東側の上流です。

ウルトラマンティガ


地球に降りてきた男
レナの回想シーンで、父とボートに乗るシーンに
使用されています。


この場所は仮面ライダー第6話でも
本郷猛が電車の線路に鎖で縛られる所として有名です。

      

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system