世田谷市場☆(世田谷清掃工場)

       旧・NHK技研(前) 光跡★ロケ地

ウルトラマンA

6話・変身超獣の謎を追え!


TACロケット研究所(第3研究所)は、世田谷市場が使用されました。
写真の部分は、小山親子が布団に入った後の
夜間パトロールで南隊員が歩いていた中央棟です。


敦くんと北斗隊員がなぜか?登って行く坂は
西側ランプの駐車場スロープです。


中央棟の向こうに見えるのが西側ランプ(坂)


北斗隊員が敦くんと登った建物です。
画面的に映るのはミニチュアがほとんどです。


小山さんを引き止める門も、ココの門で
なぜか外側が内側?(2重?)に使用されていました。
門自体は新しくなっています。


小山さん(ブロッケン)が早足?で入って行く方が清掃工場です。


設定的にはTACのロケット研究所として、市場と隣接する工場が
1つで描かれています。
北斗隊員が攻撃する部分(南棟)からしても
ブロッケンが壊して出てくるのは、清掃工場のミニチュアですが
合成画面では市場の西に、超獣が立ってたりもします(^^;
Qちゃんもココの中で1度TV局時代に、八百屋さんの取材で
撮影していますが図の右にある駐車場の棟は
まだ、ありませんでした。

世田谷市場
昭和45年1月30日着工>昭和47年2月28日完成。
H10.12に西側ランプの新設は、あまり見た目は変わらないですが
強度の為、新設されています。

世田谷清掃工場
昭和41年10月 着工> 昭和44年3月運転
世田谷清掃工場は現在建替えの為
H14年9月に焼却炉を停止しています。

*市場の情報はBBSでも協力していただきました。*捜索中

環八・上用賀歩道橋

快獣ブースカ

15話・バラサで行こう!  28話・宇宙から来たんだ


ボスが車で技研前から逃げる後のシーンで、カメラに向かうのと
奥に行く行って来いで、現在の環八世田谷清掃工場の脇が
2カット使用されています。

28話・宇宙から来たんだ
チャメゴンブースカに捕まるシーンが撮影されています。


左画面の歩道をチャメゴンが歩き、右画面は上手を見てる
チャメゴンのカットで画面では、周囲はまだ殆ど空き地です。


ウルトラセブン 

1話・姿なき挑戦者

最初の検問に誘導するパトカー越しと、左に誘導するカットで
この場所が使用されています。
消される人は、ロケ車輌担当のSさんです。
シーン後半の部分は、夜間照明の都合か?
美センだったそうです(^^;

帰ってきたウルトラマン

16話・大怪鳥テロチルスの謎

第一病院


松本三郎(石橋正次)が、バイクで来るアングルで
画像では。図2の
「加藤酒店」の看板が見えますが
最近
コンビニに変っています。

1階柱や2,3階の窓の様子らも建物は同じです。図1


信号や脇の道幅などは、当時とは少し変っています。02年


02年時のNHK技研の入り口は世田谷通りからすぐで
当時の建物の西側に移っています。


図1
当時の技研の棟も東側部分は最近まで在りましたが
ロケに使用された玄関部分

2002年3月新研究棟が完成前に姿を消しています。
上の地図は、昭和50年代のもので
撮影時の入り口はにあり正面には
噴水などのブロックが在りました。

図2
唯一、角の4階ビルは撮影時の跡が在る建物です。


2002.3月完成の新・技研のビルは
西側の世田谷通り寄りに移りました。

快獣ブースカ 

14話・ブースカ踊る  

TV局の玄関として少し使用されています。

15話・バラサで行こう!

黄金持主鑑定会場外観で、ブースカ
拳銃の弾を掴むシーンで使用されています。

SPECIAL THANKS 情報協力 フクシンさん

帰マン、ブースカ共に
東宝系監督さん
で、局側の監督さんでは無いのも
ロケできた理由でしょう。
当時は作品は
TV映画であっても監督さんの
作品と言う見方が大変強く監督としての
地位や見方などは今とは、まったく違う業界でした。

山際永三(やまぎわ えいぞう)監督
1932年産まれで、新東宝で監督・脚本から
帰マン・タロウなどで活躍。

竹前重吉(たけまえじゅうきち)監督
宝塚映画*で、松林宗恵監督の助監を勤めたり
藤田まことのてなもんやシリーズや
江利チエミのサザエさんシリーズの
助監を多く経験してる事から、東宝側のメイン監督として
ブースカに抜擢されています。(円谷側は満田監督)

*宝塚映画>兵庫県の宝塚映画製作所で作られた作品。
(宝塚ファミリーランド(現・閉園)内)
東宝映画・東急-宝塚映画・阪急と言う
西と東の系列で逆に黒沢作品や若大将シリーズが
宝塚に行き撮影されてるものもある。

東宝はPCLとJOと言う映画会社が
阪急資本で昭和12年に合併誕生。

PCL(日本科学研究所)S5年
日本初のトーキースタジオS7年誕生で有名。
東京発声映画撮影所(合併前の名称)場所的だけで
言えば後の東京映画撮影所(連合)の事で
千歳船橋にあった。

JO(スタジオ)S8年
京都の映画会社で大沢商会の大沢善夫が発足
そのイニシャルと言われてますが間違っています(^^;
太秦上刑部町にあった事から、太秦発声などとも言われた。

            

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system