御殿場線・箱根第七号隧道(周辺)

経堂車庫(トンネル内)光跡★ロケ地

ウルトラセブン

緑の恐怖

  画1
シーンイメージとしては上の画1の場面で使用された
ロケ地で、上の画は見事にマッチしていますけども
当然半分上特撮セット合成画です。


トンネル側のポインターが、停車していた場所で舗装されています。
逆光で見え難いですが招魂碑が左に在ります。

  画2
ダンアンヌポインターを停めて、降りて来る
カットの画2だとポインター前左のスーツの男性の頭の上
に見えるのが招魂碑なので、その少し手前に
停車しているのが解ります。
ロケ地的に言うと、トンネルポータルからは
けっこうな距離が在るので、作中の移動時間では
移動できる距離ではありません(^^:

 招魂碑

土手に在る鉄道(建設)の犠牲者を追悼する
招魂碑画像)が在り、画面でも確認できます。
夏場など周辺の草の生え方や、刈った前後では
見つけるのが困難な場合が在ります。

  画3
トンネルから逃げるカットは、旧・国鉄
古いトンネルポータル側で、撮影が行われています。
古いトンネルポータル(玄関口)と、新しいもの(左)が並んで在ります。
下の道からは、少しだけ見えます。
危険ですから線路に立ち入らないで下さい。


ほとんど見えないのですが、ススキの向こうの左側
現在の*ポータルで、中央に見えるのが旧ポータルです。
*ポータル・トンネルポータル>出入口部分の事。

スタッフやキャストの方も、記憶してる方が多いようで
簡単に見つかると思っていましたが、 むずかしく…
泉ヶ丘さんやさっちゃんが 足を運んで判明しました。

特撮班とドラマ班


Qちゃんは、作品画面の左土手上に、線路があるのでは無く
画面奥に水平に線路がある(実際は246号)と思っていました。
それはカメラ的には、イマジナリーラインと言う決まりがあり
実際のロケ地では、逃げ送れた男性を見つけるのは
ダンの位置からだと、方向も高さ的にも不可能なので
低い国道246号(が線路だと)を見ていると思いこんでいました。
原因はドラマ班と合成のある特撮班が別で、そのラインが決まって
無かったようで、16ミリ35ミリ(合成)で、トータル的には
撮影の基本セオリーからズレていた為でした(^^;


ラストシーンで、隊長らが来るアングルです。
左のポインター停車場所の山北方面です。


246号白ラインから少し入った所にあります。緑部分はトンネルです。


現在は、高速道路が側を通り、様子がかなり変っています。
赤い●ポインターの場所で緑の部分が第七号隧道(の山)です。

箱根第七号隧道
明治22年に国府津-沼津間が開通
約8kmの間に20カ所もの橋梁と7カ所ものトンネルがあります。
箱根線>昭和9年御殿場線と改名

私鉄小田急線はが、1955年10.1国鉄御殿場線へ
気動車(電車では無くディーゼル)で乗り入れ開始。
68年7.1御殿場線電化で乗り入れ、車両を気動車からロマンスカーに変更。

セブン撮影時期的に、この場所に作中登場のロマンスカーが
乗り入れが始る時期でマンの時期には、ありえないロケ地選択です。

ウルトラQ

あけてくれ!


会社員の沢村が、夜空を飛ぶ電車に乗り込んでいた
シーンは、当然…走りながら飛んでは無理なので
夜間の車庫図3に停車しているロマンスカー
車輛内(主に1.2号車)で、合成を駆使して撮影されています。
沢村が観る外の景色や映像は、サイドの窓は

ブルー布を外に配し、先頭車両の内部は合成を重ね
複雑に作りあげられています。

先頭車の窓枠は合成班のモノで、ロマンスカーの
実際の窓ピラー(柱)とは異なります。

あけてくれ!の場合は、略…ロケ「地」と
言うより車輛撮影(貸切車内)と言う事なのですが
走行してないのと、先頭車の前の外にカメラが
出てるので、ロケ「地」として記載します。

図3
黄色部分・経堂駅ホーム 
車輌工場 車庫
経堂車庫・経堂駅の下り北側に工場が在り上り側に
車庫が在りましたが、1994年廃止され姿を消しています。

ウルトラセブン

緑の恐怖

撮影的には停車中のウルトラQあけてくれ!
本線走行中のブースカの大冒険で使用した
小田急ロマンスカー(NSE3100形)での経験をミックスして
緑の恐怖では、V3の石黒隊員ミツコ夫人
箱根に向かう場面と>トンネル内で停車した後のシーンを
二分し、停車後は図3夜間の経堂車庫で撮影されました。

現実に電車をトンネル内で停車させる事は、難しい為
夜間の車庫で撮影していますが、
車内優先のアイディアだったようで
ダンとアンヌが車輛に駆け寄るカットも
トンネル内部
(外景的には1筒=単線)としては
カメラ引きからも広すぎて、
ダンが乗り込むカットの奥に
横の
別レールと枕木が映ってしまっています。


また上のカットで、ミツコ夫人を抱えて出るカットでは
車庫の外灯が3つと、信号のオレンジ青の光
見えるので、トンネルでは無い事はLD・DVD以上の
画質では解ってしまいますけども、当時としては
トンネル内部の撮影方法として、凄いアイディアです。


図3現在の経堂車庫跡地小田急やマンションなど
複数の建物が建ち、本線も高架化で変貌しています。

ロマンスカーの方向の謎?

作中としては、ロマンスカー箱根に向かい進行し
石黒隊員夫婦は、先頭車両の左側に乗車しています。

トンネル内で停車して、救出後に先頭車輛右から出て
ダンは夫人を抱えて、進行方向に出ていきますが
御殿場線・箱根第七号隧道から出て来るので
実際のロケ地からすると、ロマンスカー箱根方向とは
逆の東京・上り方向を向いている事になります。

救出に向かったダンアンヌも、入口ではなく
出口から向かった事になり…設定上のトンネルの長さは
解りませんが、どの位置に停車しているのか解らないのに
出口から向かうのも、ミラクルマン的で凄い行動です(^^;
ポインターも、何処からどう来たのか?
隊長達はホーク1号で来ます…けども
そもそも極東基地が在るのは、箱根なので(^^;
向きや距離諸々謎ですが…ロマンスカーを借りる上で
当時の観光的に箱根へのワードを入れた為なので
・・・
ロマンの在る解釈を

 
ロマンスカー

  小田急3100形・1963年~2000年まで運用。
特急用11両連接車(6両としての運用可能。)

        

 

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system