旧・経団連会館            光跡★ロケ地

ウルトラマン

22話・地上破壊工作

画①
科特隊のメンバーがビートルを見送る場面は
大手町に在った旧・経団連会館の屋上デッキで撮影されました。

画①のカット奥に見えるアンテナ
旧・国際電信電話(現・KDDI)大手町ビルの屋上に
在ったアンテナです。

旧・国際電信電話ビルとの差


右の画01左上茶色のビル1990年に新しく建ったKDDI大手町ビル
高層化していますが、初マン1966年時9階建てのビルでした。

          国際電信電話大手町ビル(略画)

旧・経団連会館18階でしたので、科特隊のメンバーが居たのが
画01黄色い矢印のデッキで、屋上よりは低い階の高さに居ますけども
旧・国際電信電話大手町ビル
9階建てだと
半分と…まったく高さが合いません?
ですが、旧・国際電信電話大手町ビルは塔屋と言うよりも

タワーと言うくらい高い部分が屋上に在り、その上部が
当時のビルの写真から算出すると
約6階分ほど在るので、合計すると
約15階
らいにるので画01黄色い矢印のデッキの高さなら
少しアンテナが映り込むのも可能でした。

ただ、科特隊基地の屋上として画的に狙いたかったのは
旧・国際電信電話大手町ビル↑●赤いパラボラだった
のかもしれません(^^:


赤いビル旧・経団連会館ビルデッキ
黄色のビル経済新聞社
緑色のビル>現・NTT(当時の東京中央電報局)
青いビル>現・KDDIビル(当時の旧・国際電信電話)
オレンジの道>首都高速  赤●>各カット内のアンテナ


2017年4月旧・経団連会館ビルが在った場所です。
ファイナンシャルシティビル群の高層ビルの間になります。

ファイナンシャルシティの高層ビルの間から
少し見えるNTTのアンテナです。
大手町再開発で、もうジェットビートルを見送る
広いは地上からは殆ど見えません。

(旧)経団連会館


旧住所・千代田区大手町1-9-4

大蔵省印刷局跡の国有地に建てられたビル
1964年6月20日に着工、1966年10月竣工。
地下5階・地上18階
大手町地区の再開発事業で2009年解体

*2009年に解体>移転し(同建物は)現存しません。

A building breaks in 2009 and doesn't exist.

   

画01

90年代の旧・経団連ビル近辺。
黄色の矢印デッキ部分撮影ポイント。
茶色いビル白アンテナ)現・KDDIビル
右下3つの白アンテナは、すぐ隣が経済新聞社
下の短いのと最も長いのが
現・NTT(当時の東京中央電報局)です。

画②

科特隊のメンバーが見送った後に、デッキを降りる
階段に向かう時に奥右の壁に*のように見える
フレームが2つ見えます。*窓では在りません。
こののようなデザインは、検証や照合に役立ちましたので
旧・経団連会館ビルの写真・資料などと合わせ見る目安に
してください。

画③

黒い虹の合成カットは、科特隊メンバーの動きと
デッキとの位置関係的には、実際にはズレていますので
経済新聞画③東京中央電報局画③現NTT)のアンテナ
3つを入れ込む為に、歩く方向を変えていると思います。

②>③の位置関係

  旧・経団連会館(略画)

科特隊メンバーの居るデッキは略画の水色部分
画②階段を降りて行く階段の箇所がです。
画③のデッキ下の位置を手前方向に歩いていますので
経済新聞東京中央電報局アンテナが、奥に映っています。
アクションだけで言うと、階段を降りて向かった角方向に
また別の方向から歩いて来てる事になります(^^:

画①アンテナが解り難いのもあってか?
ラストの本物のアンヌと飛び立つのを見送る時は
デッキの角(鎖の外)ギリギリに科特隊4人が立って
左ギリにアンテナを入れ込んでいます。
つまり…アンテナを映す為に、4人が少し危険な
角に寄って居る立ち位置で撮影しています。

科特隊基地の屋上と言うロケ地を探すのも
夢を壊さすに撮影するのも、困難だったと思います.
運よく?完成直後の経団連会館を借りれていますけども
科特隊基地のセット全景が、前提として在るので
他のビルを映せない制限の中で、芝居もある

タイトな画だった為、検証や発見も困難でした。

デッキやアンテナの高さの検証には、真上からの
航空写真以外の立体的な空間として解る写真も必要で
把握しても、説明も…また大変なロケ地でしたが(^^:
画や芝居も、完成をイメージして撮影した
当時のスタッフや俳優さんの凄さを感じるロケ地でした。

SPECIAL THANKS 情報協力 メトロンハートさん

 

                         

 

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

 

inserted by FC2 system