玄岳(くろだけ)IC・伊豆スカイライン)

光跡★ロケ地

ウルトラセブン

21話・海底基地を追え

 
海底基地を追えの中で、富士山をバックに走行する
ポインターの画が、玄岳IC近辺で撮影されています。
ロングのICのカーブを、ポインターが(図
登って来る所は、図から撮影していますが
ICを出ないと撮影地点には行けないかもしれなく?
木がかなり成長していたり、車を停めるのにも
厳密なポイントに行くにも、危険が伴うので
から撮影しています。

 
の、ほぼ同じ位置からのズームを引いた写真です。
  雲がなければ富士山が左上に見えますが、この時は
雲が切れそうもなく断念しました。

もう1つポインターが、カメラ近くを上手(右)に走る
富士山バックの画は、図の位置の道です。

 
*図の上方向が箱根・右方向が熱海。

伊豆スカイラインで一番高い799mの標高で
笹が多く風が強いので有名です。
セブンの画面でも、左に映る小さな池は
氷ヶ池と言われ、冷たい風で、すぐ氷が出来る為
冷蔵庫の無い時代は、氷の切り出し貯蔵に
使われたそうです。

 


 

 

世界が注目した駅

 
ポインター走行画面の右に映る玄岳ドライブインです。
2004年に営業がストップし、廃墟のように
なっていましたが、取壊しの予算のメドも立たないとの
噂から>今年取壊すとの話を聞いて
06年春に撮影してきましたけども、すでに
ボロボロで
立ち入り禁止になっていました。

花の形をした玄岳駅
1階は400人収容のドライブインとなっていた。

若い方は世代的にも、まるで知らないかも
しれませんが…このドライブインの2階は
熱海高原ロープウェイ
(通称・熱海サボテン公園ロープウェイ)の
玄岳高原駅でした。


1967年に出来た世界一巨大なロープウェイ(120人乗り)は
当時話題になり Qちゃんも見た、子供の「のりもの絵本」
などにも登場したり、子供番組やニュース映像に
登場していますので、60年代生まれの人には
覚えがある人が多いと思います。
下は
熱海のサボテン公園(閉園)の「上ノ山植物公園」駅から
「玄岳高原」まで、全長2.678mを結んでいました。

  画Q
当時の世界最大のゴンドラ(4線交走式)
現在小さいゴンドラで5~10名で、多いのが、30~40名ほどの
タイプなので、いかに大きかったかが解ります。
現在は、さらに大きい(166名)モノが、湯沢などに存在します。


今ある普通のロープウェイから考えても、この輸送量は
この場所には必要が無く、約5年ほどは維持されますが
運行停止になり、以後ドライブインとしてのみ営業。
北にある
鷹ノ巣山トンネルが97年に
無料化された事で、熱海峠まで登って西伊豆に行く人が減り
ドライブインも、営業停止になってしまいました。

ロープウェイの料金は・大人300円(往復400円)前後の
価格だったので、怪獣のSTソフビ1個分くらいで乗れましたが
小田急線の初乗りが20~30円の時代なので
安いとは言えませんでした。 数字的には今の3~4千円と言う
感じですが、感覚的には、800~1000円くらいだと思います。
旅行先なら出せる値段ですけど普段の足には考えられない額です。

 

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system