生田オープン(跡)               (東宝生田オープン) 光跡ロケ地

ウルトラシリーズのロケで、何度も便利に使用された
 東宝の生田オープン(撮影所)が、よみうりランドの東側
現在の菅馬場3丁目近辺に在りました。
 

    

     図1S42年
  古い地図で、当時かなり田舎なので少しアバウトな地図ですが
 福昌寺(現在も有)の南に「東宝KK管理地」と言う表記が確認できます。
 その場所が通称生田オープンと呼ばれた場所で
現在の菅馬場3丁目辺りなのが解ります。

生田・よみうりランド近辺


↑図左下の小さい青い印が、今も在る日本テレビ生田スタジオです。
その西側(図の左側)すぐによみうりランドが在ります。


S37年よみうりランド薄い緑の枠内)は、まだゴルフコースでした。
*その右中央の丸は寿福寺です。



S40年よみうりランドです。南半分は
     まだゴルフ場の芝のままの公園のような感じでした。
         *現在も芝は一部残っています。
外枠線のようなラインは、当時世界一の走行距離と話題になった
             
モノレールで、ランドのほぼ敷地の形になっています。


S42年になると、少し南側にもスポーツ施設的なものが出来ました。
      S46年には、モノレールの外右下に旧・読売巨人軍宿舎が出来ます。
              西側下に
東映生田撮影所仮面ライダーと共に誕生して
          その後、 数々のヒーローが其処から生まれる事になります。

満田監督の朝日ソノラマ宇宙船連載の
ウルトラの星を見た男たちⅧにも
かなり広大で、枯れススキが一面にあり
黄色い土が向きだしで遠くの山によみうりランド
遊戯物が見えるとあります。
実相寺さんの*ウルトラマンの東京での
コメントでも確認できます。*筑摩書房

簡単な山・森・沼・切立った崖があり
利用価値があったそうです。

 

写真道路左側が元・生田オープンの在った場所です。

生田オープンの最後

東宝不動産系のパンフレットの中の記載によると
「生田オープン」最後のロケ作品は
「激動の昭和史・沖縄決戦」S46年
「日本沈没」S48年と記録されています。
撮影を遡るとS45年くらいから少しずつ
東宝不動産により、建物などが建ち販売されて行き
47年頃に、ほぼ撮影のオープンスペースとして
東宝映画が使用する事が無くなりました。

ウルトラセブン

8話・狙われた街


ダンポインターで走行中にダンプが並び絡んで来るシーンは
生田オープンで撮影されました。
上の画ダンプの後にポインターが停まる所は
よく映る崖の少し奥で、ウルトラQ甘い蜜の恐怖★画
博士達の後方に見える木々が右奥に見えます。

ダンプが砂利を撒く場面は手持ちカメラで振動が在るので
1枚の画で場所を解りやすく見せるのが難しいのですが
ダンプの右側に見えるが、よく背景に使われる崖で
ウルトラマン7話画、9話の右の崖です。
実際には上のカットのポインターの前に砂利が無いと
変なのですが?(^^: 撒いた所より前に停車しています。
撮影はポインター後の窓から上(外)に乗り出して撮って居ます。
またダン隊員役の*森次さんを助手席から真横に撮影し
ダンプが、カットインしてくる部分は本当に運転しています。
*免許をまだ取得していないので東宝の敷地内の走行です。
真後ろからは別人で、あおりは走行せず芝居です。

23話・明日を捜せ

ポインター走って来るのも生田オープンです。
ウルトラマン7話下で、9話ヘリが
離着陸する少し奥を角の方向に向かって走行しています。


U警備隊が降りて来て、捜索を始めるバックが
同↑ウルトラマン7.9話の角の少し奥(東側)です。

ヤスイセブンの手から降ろして貰う所や
セブンに危険を知らせる場所は、上画の少し奥で
セブン8話画のバックと略同じアングルで
ポインターの更に後方(北)にヤスイは立っています。

28話・700キロを突っ走れ!

バイクの人間爆弾後に走行してる場所も
生田オープンで、上のヘルメット側の崖が
ウルトラマン7話画で御なじみの崖です。
ルームミラー右にセブン8話画の部分が見えます。

抜いていったクルマが地雷で替わりに
やられるて燃えてる場面も、生田オープンです。

ラストに運んだ爆弾がダミーと知るシーンも
生田オープンで、キリヤマ隊長赤い帽子の部分が
御なじみの崖のエッジ(角?)です。

36話・必殺の0.1秒

ソガ隊員が射撃の競技をする*部分も生田オープンで撮影されています。
上のカットはウルトラセブン23話の画ヤスイの背景の崖を
少し違う角度から撮影しているので、崖の形が同じなのが解ります。

羽田の後で、ダンプがクルマを停め銃撃戦になる場面も
主に火薬を使う*部分を、生田オープンでロケしています。
上のカットは、ウルトラQ甘い蜜の恐怖のカットの
少し角度を変えた場所になります。
*主に火薬・発砲を撮影、シーンごとではなくカットでロケ地が違います。

       

ウルトラマン

7話・バラージの青い石


  バラージの街OPセットも、当時の
東宝・三船プロの映画奇巌城の冒険の特撮を
円谷英二さんが担当していた事から
映画のセットを借りて撮影しています。


セットと崖の距離は、見た目より在るのが細かく
カットを追うと解りますし、上の段々も作中の崖に在ります。
上の写真の崖は、まだ2002年には残っていました。
奥に見える崖の段々もウルトラマンの時は草は無いですが
科特隊が段の所を歩いたりしています


チャータムの右奥にも別の崖が見えます。
宮殿も遠くに見えるように小さいのかと思うと?
門に、チャータムが立っているカットも在るので
かなり大きなセットで、中心から崖までの距離が
上の弓恵子さんの身長からも解ります。

9話・電光石火作戦

 
ガボラを誘導する為にウランカプセル
ヘリに装着して、飛び立つ場所としても
生田オープンが使用されています。

三矢航空のヘリは多摩川を挟んだ北側の調布飛行場
からなので、科特隊の?(^^:レンタル時間も
短くて済みます。

 
  上の写真は2002年時の奥に残っていた
同アングルの科特隊専用車越しのヘリ奥の崖です。

28話・人間標本5・6

事故現場のシーンは奥多摩では無く
生田オープンの崖で撮影されました。


前後しますが、キャップが降りてバスを見ていると
後ろから呼び止める警官の背景に9話の画のバックが
見えるので、バスも略ヘリと同じ場所に停めています。

バスは実際には停めて在るだけですが後方にを焚いて
汚しを入れてフレームで上手く切っているので
それらしく見えてしまいます。
ウルトラマンの画作りは、シリーズで最も凝ってるのを
再認識します。色が奥多摩と違うのは…御愛嬌(^^:

バスの内部のシーンも、事故現場用のバスに
乗車して撮影してる為に、生田オープン近辺
エキストラさんを乗せて撮影しています。
のカットの運転手の帽子前に見える看板に
日本女子大の文字も見えます。

  帰ってきたウルトラマン 

次郎くん怪獣にのる
ステーションNO5の巨大なセットが置かれていたのも
奇岩城セットのバックと同じ辺りだそうです。

ウルトラ・円谷作品・撮影作品シーン

ウルトラQ


五郎とゴロー 巨大な手・その他


 甘い蜜の恐怖 


対策本部の撮影に使用され、テントやジープ
自衛隊員などが、らしく配置されています。


一の谷博士やユリちゃんのバックにも
ウルトラマンでも見られる崖の景色が
同じように見えます。
穴の中はセットで、出口は土を2つ盛った
間から出来て来てらしく演技しています。


クモ男爵 

車迷い停める・蜘蛛はねる。


南海の怒り 

島のセット。


海底原人ラゴン 

ヘリの着陸。

ウルトラマン
地上破壊工作 

快獣ブースカ

ブースカの大冒険 地底戦車で探検
宇宙の王様
 物体Xコロリン

ブースカの大冒険では箱根が日帰り
ロケだった為、広い画面以外を生田OPで撮影したそうです。


ウルトラセブン
魔の山へ飛べ 再撮部分。
空間X脱出 沼・他。
*生田OPとの記載が多いですが、安藤監督によると違う場所だそうです。
栄光は誰のために 土部分。
散歩する惑星 ポインター進めない。
史上最大の侵略 ラストの再撮。*OPの近く。

帰ってきたウルトラマン

次郎くん怪獣にのる ステーションNO.5 劇場(東宝)作品。
*帰マン頃は敷地の北(下)に建物が建って黄色い部分以外は
住宅地になって行く時期です。
 

生田スタジオ

生田には東映の生田スタジオや日本テレビの生田スタジオ
よみうりランド内のオープンセットと
いくつかの撮影施設が、存在していました。
(日本テレビは、現在も活躍中です)

日本テレビの生田スタジオ

    2002年

よみうりランド南に在ったモノレール線路で
この奥に、生田スタジオ(日本テレビ)が在ります。

ウルトラマン海底科学基地
よみうりランド内の
海水水族館を使用。

無限へのパスポート読売カントリーを借りています。

チビラくん(日本TV)のロケ地としても、よみうりランド
芝生の公園のような場所は、かなり多く使用されています。

SPECIAL THANKS 

生田オープンの最後情報協力 寺田さま

ウルトラマン28話・バス メトロンハートさま

   

      

 

ウルトラシリーズ ロケ地 Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system