葉山マリーナ・ホテル(昭和39年~58年)   

     野比海岸・東          光跡★ロケ地

ウルトラマン

4話・大爆発5秒前


フジ隊員ホシノくんが来ていた
葉山マリーナホテルの劇中カットの画です。


巨大ラゴンの合成カットは、山側から西の海方向を
撮影しています。

山との位置関係・建物イラスト

          

 

大爆発5秒前で、巨大ラゴンが襲うホテルのあった所です。
2つ
上がホテルが無くなった写真です。図A(参照)
フジ隊員らがいたホテルは、ヨットや車の数に対応して
拡大工事がされたそうでホテルは在りません。

 

2002年のヨットプールです。
*日本のヨット発祥の地 ヨットハーバーはS38年設立。

 図A

1966年の真中の赤の部分が、ホテルだった建物です。
現マリーナプラザの少し北にありました。
エントランスに、丸いロータリー(噴水)が建物東側部分にあり
フジ隊員らが逃げる合成画面でも噴水は確認できます。
*ホテルへのエントランスの道は現在も残っています。
マイティジャックでも、噴水部分が撮影に使用されています。

1966年頃はホテル西側が岩が露出していて浅い為、ヨットは接岸できず
ホテル南側にあった港は、風などの関係で出る為に
あまり便利でなかった為
人気で増えるヨットに対して、埋め立て拡大され
マリーナの充実がなされたそうです。

2大リゾート

1964年の葉山マリーナと、翌年誕生したパシフィックホテルで有名な
パシフィックパーク茅ヶ崎(1965年~1988年)は、共に波が穏やかな相模湾で
人気のリゾート地でしたが、現在は葉山はマリーナプラザに変り
パシフィックパークホテルは1999年に
パシフィックガーデン茅ヶ崎に変っています。
*パシフィックホテルは、上原謙さんと
息子の加山雄三さんが所有していた事でも有名です。

ど~うでもいい話?


円谷プロ10周年記念作品ファイヤーマンSAF隊員に
葉山マリ子と言う役名があります。主人公は岬大介。

A building doesn't exist.

ウルトラマン

4話・大爆発5秒前

野比海岸・東


ハヤタ隊員が、フェリーで三浦半島に渡り
科特隊専用車で、葉山方面に急ぎ向かう走行カットは
野比海岸の東の久里浜寄り県道212号で撮影されました。図B


画面左の石垣は、略そのまま残っています。
左の下水は蓋をされ海側には歩道が整備されていて
奥の左にも建物が建っています。
このカーブは、作中の画像でもモルタルの板のような
舗装道図Bグレーで、66年の航空写真で観ても此処だけ路面が
違うのが解る場所です。

図B

SPECIAL THANKS 野比海岸・協力 ANJI様

ウルトラマン80▲

1話・ウルトラマン先生

逗子・国道134号

キャップUGMは臨戦態勢に入ると
作戦室で宣言した後に、スカウター
走るカットは、逗子海水浴場から
逗子マリーナ方向に国道134号を走行しています。

撮影ポイントは、浪子不動の西に在る
右の崖の上からですが、現在は崖崩れ防止の
工事中なので地面から撮っています。
当時は在りませんでしたが、左の海と134号の間の
小さいスペースに建物が建っていてます。

ウルトラマン80 エンディング初期の
ラスト「製作 円谷プロダクション TBS」
バックも、この場所です。カメラ側に向かって
スカウターが走ってきます。

前後しますが、スカウターを前側から撮ってる
海面をよく見ると岩のようなモノが見えますが
不如帰(ほととぎす)と刻まれた石柱で
この地を舞台にした小説「不如帰」の文豪
「徳冨蘆花(とくとみろか)」讃える文学碑です。

文学碑(写真)は、地面からでも少し見えますが
潮が引くと歩いて行けるそうです。

スカウターは設定上は複数在るので、繋がりでは
この後のキャップが、世田谷公園に降りるクルマは
1人ですし、別のスカウターだと思いますが(^^:
1話の前は、芝居の無い実景などを先行して
撮影しますので、このカットも、台本の出来る前に
撮ってるバンクカットだと思われますが
スカウター乗車してる2人の隊員服が出来てたと言う事からも
ザ・ウルトラマンの(数字が良く・玩具が売れた)後半から
実写のウルトラマンが、決定>準備する期間が在った証の1つです。

白滝山高養寺浪不動・浪子不動

神奈川県逗子市新宿5-5

SPECIAL THANKS 

ウルトラマン80・協力 メトロンハート様

            

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system