佃・近辺

光跡★ロケ地

帰ってきたウルトラマン

1話・怪獣総進撃 

佃1丁目の道


次郎くんを追う郷秀樹が、群集の中走る道です。
手前にパトカーが在り、かなりローアングルで
広角レンズを使用した本多猪四郎監督らしいモブシーンです。
右側三角の止まれの標識や、奥の茶色の建物に
重なる複雑な電柱?なども健在です。
画面でも、よく見ると建物が奥まで並行ではなく
茶色の前のクリーム色の建物から奥が細くなっています。
(その奥に佃小橋が在ります。)

(図の天安の安の文字部分から小橋までが細い道です)

高架下


次郎くんが、タッコングを見上げるアップや
隊長・丘隊員を停め郷秀樹が、ヒロシくんを
助けに走り出す高架下の角です。図


対角線側と言う説もありますが,簡単に言えばなにより
東南の角が使える背景の条件で、北西の一番日の
当らない所を使う事は16mmでは、35mmよりキツイ事ですし
この監督さんが、そんなミス?をするはずも無いと思います。
部屋を借りるにも、東南の角部屋が空いてるのに
わざわざ北西の部屋を借りる人が居ないのと同じです。

次郎くん・郷の影(太陽)の方向が図の(赤矢印)なのは
隊長も丘隊員もなぜか?マイクを、伸ばしぱなしなので、顔への影で
太陽の方向がよく解ります。 反対側は今でも午後すぎても日陰です。

佃公園    

   図■
避難させた人々の中に、隊長が居る公園入り口です。
逆U字の車止めなめで撮影したカットで
U字柵は、今は石の棒状に変っていますが、加藤隊長
奥に見える複雑な枝ぶりの木は健在です。
避難した女性のアップにも、同木は登場しています。

このシーンの太陽方向は、隊長の顔にマイクの
影が出る方向で、隊長のメットのバイザーに

レフ(の反射光)が映りこんでいます。

佃大橋

帰ってきたウルトラマン

この一撃に怒りをこめて 


伊吹隊長紙芝居屋のおじさんと話す
橋の階段一番上でのアングルです。
2人の間に見える水門は「亀島川水門」
当時の色は赤ぽいですが、今は薄いグリーンに塗られています。
画面の大橋の青いアーチは、幅増設の時に撤去されています。


紙芝居屋が落とす子供にMATビハイクル
来る話をしながら歩く、バックの倉庫です。
斜めの形などは健在ですが色が変わっています。


この話で何度も登場する階段です。
ペンキは新しくなっていますが、この階段は当時のままです。


子供が引かれた(落ちた)後、人が集まる場所です。

佃大橋


帰マン撮影後に、交通輌の多さから
もう1本、横に橋を作り倍の太さで1つの
橋に改築されています。

1964年に完成、戦後初めて架けられた橋としても有名。

佃大橋は、全て架け直した訳ではなく
上流側から見ると古い橋の部分が見えます。

東京都中央区佃

 

ウルトラマンレオの佃へ→

 

 

帰ってきたウルトラマン

46話・この一撃に怒りをこめて 

佃小橋(旧・栗橋)


1カット目から登場する紙芝居をする橋です。
橋は新しいものに架け変えられていますが
雰囲気は・・・今もある感じです。


画面奥が左に水路が曲り隅田川に
出る様子も変りありません。


撮影画面は、大橋の上からなのでしょうが
今はお台場からの交通量が増え危険なので
離れた少し高い所から撮りました。


ラストで次郎くんとヒロシくんが、ウルトラマンごっこ?
してる所に、奥の左からMATビハイクル
曲って来る所です。


上の返しで、2人ともウルトラマン
お面をしているアングルです。

住吉神社

帰ってきたウルトラマン

この一撃に怒りをこめて


紙芝居屋が、紙芝居の道具に仕込んだ
通信機で通信する神社です。
本来はスチール撮影、お断りと記して
ありますが、快く許可して頂きました。
*無許可での撮影はしないでください。


木や葉が育ってますが、柵の外を、郷隊員
歩くカットに映ります。入り口のすぐ右側です。

堤防


堤防は、外側に綺麗な歩道が出来てます。
次郎くんが居る階段も、この辺りにあった
そうですが、今は新設されたモノです。

帰ってきたウルトラマン

この一撃に怒りをこめて


46話のモブシーンで、画面左に洗濯モノが
在るカットは、人物の影や背景の建物などから
この通りだと思いますが、すっかり綺麗になっています。

*このカットは1話の未使用などの流用だと思います。

旧・地名は「佃島」S42年から佃だけ
の地名になっています。
現在でも、下町ぽくノイズや駄菓子屋前に
集まる子供達まで、昭和に戻ったような
錯覚が起きる町です。


最も有名な食べ物の名前が、ココの
佃(つくだ)の煮物、佃煮です。


竹久夢二でも有名な場所ですが
古くから、多くの映画やドラマのロケ地
としてとても使われています。
記憶に新しい所では、伊丹監督の
「あげまん」
松竹の「せんせい」などがありますが
黒澤明監督の「野良犬」でも使用していて
とうぜん、野良犬の助監督は
本多猪四郎監督
勤めていますので、その関係での選択だと思います。

勝鬨橋勝どき橋)


佃大橋からの勝どき橋です。

1話で印象が強い勝どき橋ですが
実景では、46話で遠くに登場します、
色が空に近いので、今もよく見えません(^^;

中央区築地と月島の間に、1940年に完成し
1968年までは、英国のタワーブリッジと同様に
左右に割れ開く双葉跳開橋として有名でした。

明治38年の日露戦争での勝利を記念して出来た
渡しの名前が「勝鬨」で、戦争に勝ちどきを上げた
事からの名前が地名にまでなっている珍しい例です。
*普通は地名から橋の名前が着く。
その由来の橋を
ゴジラが、ひっくり返すのも有名です。

1話では、なぜ勝どき橋の実景が出ずロケの
上流の佃で行ってるのか?
おそらくQちゃんの考えでは晴海埠頭は
沖縄渡航制限撤廃闘争の学生運動があり
1969.8や1970.8にも大きなニュースになってるので
スモーク(発煙筒)などを炊くような許可は
なかなか難しい状態だった為だと思います。

                                

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system