千歳船橋・北商店街

      千歳船橋・南商店街    光跡★ロケ地

帰ってきたウルトラマン

16話・大怪鳥テロチルスの謎


三郎石橋正次)が、脱走後に走る商店街です。
当時の撮影方法としては、カメラをダイレクトに持った
手持ちなので揺れが凄いです。
今は、奥の踏み切りが高架になっています。


画面左に映る交番と、柳の木は健在でした。
交番は、撮影当時のモノより新しい建物です。


別角度の交番と柳の木の写真です。(右は高架工事中)


交番のある踏み切りから、三郎が画面に現れ右に曲る所です。
高架に伴う工事で、ほとんど画面と同じモノはありません。


右に曲った奥は、まだ雰囲気が残っていました。


右側の建物の看板などは、画面で確認出来る
モノがわずかに残っています。

千歳船橋の北側の駅前商店街ですので
ココで、このような撮影をしていたのも
帰マンでも、2クールから
東京映画撮影所を、タロウ
ように使用していた事が関連しています。

 

SPECIAL THANKS帰マン・情報協力 フクシンさん

北商店街・東京都世田谷区船橋1丁目


南商店街・東京都世田谷区船橋2丁目

写真2002年も工事中ですが、小田急線高架化で
現存してない部分もあります。

 

 

帰ってきたウルトラマン

17話・怪鳥テロチルス東京大空爆


三郎が由紀子を、病院から連れ出した後
バイクで、商店街を抜けるシーンで使用されています。


1つ目のカーブ()を左に曲った路地で
乳母車まで見えますので、一見エキストラではなく
ゲリラ撮影に見えるかもしれませんが
歩き方や配置(
人のバラつき)など
プロのエキストラの人達で、バイク(
カメラ)の方は
ほとんど見ない指示が、守られてるのが解ります。

*乳母車もおそらく緊迫感の演出で空か縫ぐるみでしょう(^^;


突き当たりを、左に曲った方向で
あまりエキストラの数が居ません。

その後環八を走り検問をかわします。


突き当たり手前左の文具店と靴屋さんは
画面と同じ位置に存在しました。

SPECIAL THANKS帰マン・情報協力 フクシンさん

ウルトラマンA

23話・逆転!ゾフィ只今参上

ヤプール(人間体)が、演説する商店街も
この南商店街が使用されていて、同じ文具店や洋菓子店
などが見られます。

SPECIAL THANKSA・情報協力 

メトロンハートさん、傾けギラドラスさん

バイクの移動撮影

このシーンは、出販物などでは後部座席から撮影してるなど
自走の解釈が成された文もありますが
スピード・タコ両メーター
が、静止してる事からも
バイクの自走ではなく、台車に寄る押し走行なのが解ります。

*カメラ位置も、ガソリンタンク右横でカメラマンが覗いてる
可能性が高く、アクセルの右手首もカメラマンのモノだと
Qちゃんは推測します。


バイクの牽引や、押しは特にカーブ(
小さいほど)が在ると
今でも難しい撮影ものですが、このシーンでは
バイクが傾き、しかも自走と思わす分ラストの
加速
2人以上で、かなり思い切り押してる感じなので
この撮影で組まれた台車が、どう言うものなのか興味深いです。
*通常はバイクを丸ごと載せるタイプで、傾きの装置があるタイプか
前後の車輪に8個(4×前後)の小さい車輪の枠の中で
本車輪2つを浮かせて安定を得る台車が在ります。 

アイアンキングと石橋正次
この前後編のゲストで、三郎役の熱演は主役の団さんを
脅かす存在感ですが、あしたのジョーの実写役でも知られますが
当時世代の石橋さんのイメージは
佐々木守さん原作のアイアンキング静弦太郎としての
イメージが強い役者さんだと思います。
アイアンキングは、同時期の帰マンの同局でTプロの元スタッフが
制作した
シルバー仮面の後番組ですから、この三郎役からの
キャスティングだった可能性は高そうです。

静弦太郎
は、変身はしませんけども、霧島五郎(浜田光夫)よりも
明らかに主役になってしまっていて、ある意味当時の子供は
変身する人以外が、主役なので戸惑ったと程の存在でした。
*アイアンキング(72年)*霧島五郎が帽子で変身するロボット。


三郎のイメージは、映画の
「非行少年・若者の砦」70年4月公開
からのなのは、想像できますので、帰マンでも
ダイナマイトを巻き、警官隊を下げさす、当時の世相が人気子供番組
にも反映しているのも、現代(当時の)設定の帰マンならではで
ウルトラマンやウルトラセブンには見られなかったドラマです。

      

          

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system