田園調布

光跡★ロケ地

ウルトラQ

あけてくれ!



SF作家の友野健二スカイラインスポーツ
万条目とユリちゃんが、向かう移動カットは
田園調布の玉川浄水所南西ゲート前で撮影されました。
左から右にパンしています。
ガードレールが出来てたりしていますが、今でも
当時の跡が残る道です。



友野邸撮影後、日中だったそうですが寒かったようです。
オープンカーだったからかかもですが?
秋なので、既に寒かったのかもしれません。



石垣の一部はコンクリートに変わっていたりして
居ますが、雰囲気は残っていると思います。
右奥に見える酒屋さんは、今でも健在でしたが
右手前の壁の様子は、すっかり変わっています。

SPECIAL THANKS 情報協力Sさん、メトロンハートさん

 

ウルトラQ

あけてくれ!



友野邸の位置に、区画整理前の昭和初期から
建っていた洋館でしたが、70年代に建替えられ90年代に
建物として何も無い形になり駐車場になっています。
友野の表札はカポックの撮影用のモノを、本物の
上から貼り付けている為、文字の彫りが浅いそうです。


スカイラインスポーツは、ロケ地的に言えば
駅の方から来て、右折して門前に停まりますが
今は、
一方通行なので右折出来ません(^^;
友野邸に使用されたT宅は、映画や、CFスチール
などに使用され、玄関や庭、玄関ホールなど
いろいろな撮影で使われていたそうです。
田園調布というイメージも、今でもハイレベルな
イメージですが、当時・小説家などが住む
イメージが在ったそうです。


左が玉川浄水所、右下が田園調布駅。

健二と健二と賢治

勿論「あけてくれ!」のモチーフの1つは、宮沢賢治の書いた
ジョバンニが友のカムパネルラと、気が付くと
夜の鉄道に乗っていると言う、現実なのか?夢なのか?解らない
幻想の旅を書いた
「銀河鉄道の夜」
です。

万条目淳も、作中に
SF作家(自称?)と初期の台詞に在りますが
初期設定(半NG?)では、
空を飛ぶ凄いスポーツカー

乗る男で、ユリちゃん(
倉方由利子)が恋人となっています。
実際には64~66年で、小さな航空会社の雇われの身では
スカイラインスポーツは、飛びませんが・・・大卒初任給約2万の時代
100倍の価格の車は、まず買えませんから
登場車種的には、初期設定が残った「形」の1つなのだと思います。
また「あけてくれ!」は、本放送では放送されず
現在の話数では
28話でラストですが、制作4、台本NO.5~6
最初期の作品なので、ユリちゃんが
「恋人」と言うニュアンスも
一番濃く残っている話に思えます。
それらから・・・
空想すると、この友の(野)健二の健二は
勿論>賢治から>佐原健二さんの「文字」に変えた要素が在り
NG設定の余波の家として、
スカイラインスポーツがつり合う邸宅
空を飛ぶ凄いスポーツカーのSF作家万条目邸候補
だったのではないかと想えますが…
其の辺の資料は、別次元から郵送されて来ないと
もう…解らない事かも知れません。

 

            

          

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system