田園・調布近辺

光跡★ロケ地

ウルトラマンA

51話・命を吸う音

春夫くんバイオリンを捨てるが、また戻ってしまい
友達前で演奏し、友達と居る所にTACパンサー
北斗が来る道は田園調布の住宅街で撮影されました。

春夫くんが演奏し2人の少女が聞く背景も
ほぼそのまま存在しています。

TACパンサーが来て春夫くんらを見つけるアングル。
横断歩道のパターンの位置が多少違いますが
当時の雰囲気がそのまま残っています。

TACパンサーが飛んで行ったバイオリンを追って走って行く道です。
道と歩道がメインですが住居の壁もあるのと
有名な方が多々住んでいますので詳細な住所は控えます。

*作中に映る住所は現在とは異なります。

快獣ブースカ

14話・ブースカ踊る

ラストのブースカ救出作戦に使用された道は多摩川台公園の中を
横切る虹橋の下です。画面的には車は降ってる感じですが
実際には登ってきていてます。

虹橋を見上げたアングルはの位置の
上の画像右側に見える階段からです。

ブースカ救出の為に子供達が協力を誓う所は
図●の所で、ほぼ作中のまま残っていますが
虹橋からは、けっこう距離があります。

大ちゃん達の背中越しで対立グループが
上に立っていた所です。

快獣ブースカ

15話・バラサで行こう

16話氷河時代をぶっとばせ!

 

大田区立宝来公園(近辺)が、ブースカ15.16話で
使用されています。 15話で小さいぼうやが出てきたり
リヤカーを引いたおじいさんが停める坂の方の出入り口です。


上の画像の出入り口から出た所のを見上げた方向。
大ちゃんが学校から帰ってくる方向のバックで
16話でもポスト型暖房装置を身に着けた
ブースカ大ちゃんが服を着込んで登場します。

ポスト型暖房装置を着けたブースカと氷河魔女
対じする所も坂の上の交差点です。

公園内から坂道の方向。
*壁は映りますが宅は関係ないので処理を加えています。

ブースカが背中に乗せたるするバックのスベリ台
あった公園の下側部分。
*スベリ台は向きや位置はほぼ同じですが
新しいモノに変わっています。

子供達が沢山前に居るカットのパーゴラのアングルですが
パーゴラのサイズや位置は同じですけども
新しいモノになっています。*当時は柱が四角

 

田園調布に家が建つ♪


 ウルトラマンAブースカは円谷作品の中でも東宝の%が
濃い作品で、それは開発に関係する人物を見ると解るので
簡単に書きます。
渋沢栄一が米セント・フランシス・ウッドに影響され
渋沢秀雄(息子)社長となって田園都市会社を始めに
田園調布や洗足等に45万坪の土地を購入
目黒と蒲田から鉄道を敷設する為、荏原電気鉄道を創立するが
事業が難航、大株主の第一生命社長矢野恒太に話すと
同社相談役の和田豊治が阪急電鉄総帥の小林一三(*東宝)を
推薦するが多忙を理由に、五島慶太が推薦され開発
高級住宅地として有名になります。
*阪急・東宝グループ創業者で長男・次男共に東宝の社長を勤める。

長島茂雄、野村克也、石原慎太郎、五木ひろし、など多くの
有名人が住む事でも有名で、ここから成城までを結ぶ地帯に
済む東宝関係の有名人も多い。

と、言うよりもウルトラ世代には70年後半から活躍した
セント・ルイス(星セント・ルイス)のギャグ
「弁がたつ!腕がたつ!田園調布に家が建つ!」
「間違って調布に建てちゃた!」を、思い出す人が多いと
思いますが(^^; ギャグの場所もバリエーション違いが
あってもインパクト(ステイタス認知度)が、当時は大きかった証で
今の若い人に、このギャグを説明するのは難しい。。。

 

宝来公園
東京都大田区田園調布3丁目31番1
Pなし

多摩川台公園
東京都大田区田園調布1丁目63番1
多摩川駅からすぐ Pなし

 

SPECIAL THANKS 公園情報 Hロケットさん

  

     

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system