長瀞・石畳

     旧・寄居橋(跡) 光跡★ロケ地

ウルトラセブン

13話・V3からの男


長瀞ライン下り乗り場から~上流へ行った図1近辺の
岩場が、セブンのロケ地として使用されました。
広くて番地などが無いので、書きにくいのですが・・・
ライン下り乗り場の対岸に↓の岩が
露出してる所が、この角度に見えて
対岸の明神の滝より、少し上流に行った所です。

  画1
ソガとダンが、最初に伏せた岩場ですが
前進たはずで~ソガが負傷した場所や

アマギ、ソガ、フルハシの3隊員でウルトラガンを撃つ
カットも、が見える略同じ場所です。


1つ上の画1と比べても雑草が多いですが
画面と同じ岩模様は、まだ残っています。

  画2
スモークを焚いての弾着シーンも、手前の岩の
パターンが、まだ確認できます。


画1のカットから少し、川と反対にズレた場所です。


円盤(上半分)の合成カットの下部分も
略、画2と同じ場所です。


ウルトラガンのアップも、岩が波模様(下)で
奥に対岸と空が抜ける、凸岩が近い場所にあります。

図1

スチールの謎・2


  
有名なダンのスチールで、雑誌などに使われた
駐車場の写真がありますが、コレも長瀞の図1の駐車場です。
ウルトラガンのポーズ写真A奥に見える山は、長瀞の観光地でも有名な宝登山です。
現在はAと同じように撮ると、宝登山が手前の木々で山が
少し隠れてしまいますが、駐車場はそのまま残っています。

 
走るポーズ写真Bは、写真Aのカメラ位置から、右へ少し振っただけの
場所で、バックに映っている外灯も、ランプ部分が
変更されていますが、U字複合のアームも残っています。
現在は駐車場の入口が少しずれていて、新しいモノですが
当時とそっくりな
「駐車場」と書かれた看板が、トイレの横↑写真右奥に
立って居るのが見えます。

参考・講談社・テレビマガジン特別編集ウルトラマン大全集1~3
A>1・P52 B>2・P123 C>1・P227 D>3・P126 他

シーズンや土日は観光地なので
畳岩やPは、車や人が多いので、らしい写真を
撮りたい、感じたい方は、平日の秋に行かれる方がベストです。

長瀞・岩畳

埼玉県秩父郡長瀞町長瀞

秩父鉄道長瀞駅・長瀞渓谷(岩畳)へ

 

ウルトラセブン

16話・闇に光る目


写真は現在の橋で84年に、約橋幅1本分ほど
上流側に、新しいニールセンローゼ型で
造られたものです。
*セブンの当時の橋はワイヤーのつり橋(写真A下↓)

    写真A
スチール写真の取り込みです。
左右に大きめな鉄骨が組まれたつリ橋でした。
画面の破壊シーンのミニチュアは少し
簡単な造りですが、ワイヤーで引っ張ってる
主柱の鉄骨は解ります。

撮影当時は木の床で、後にアスファルトになっています。


この橋の右側(下流)に、当時の橋は在りましたが
ベースが木造で、老朽化と利用度のUPから
造り変えになりました。向岸に土台が残る。


シャベルの先にあるのが当時の橋の土台です。


旧橋に着けられていたプレート
それを利用した記念碑が、金尾側に造られています。
*S22年完成なので右からの文字。
 


古くは銅が取れた金脈?の尾と言う事から
金尾と着いた地への、少ない利用度の橋でしたが
昭和天皇御手植ヒノキ林や一万株もの自生の
ツツジや長瀞カントリーゴルフなどがオープンし
名水百選の日本(やまと)水や、みかん狩りで
有名になり、多くの人が利用するようになったので
水をくみに行き渡った覚えのある方もいると思います。
Qちゃんも別に釣りが趣味では無いデスが(^^;
橋の下で釣りをした事があります。*今は禁止なのかな?

埼玉県大里郡寄居町末野~金尾間

スチールの謎・1

   写真A
この16話に同行した出版社のスチールが
存在しますが、
ダンが銃を構えた(A)では
看板に
「長瀞」が見え
走ったポーズ
(B)の付随文には「高尾近辺」
書かれてるものがありますけども、おそらく
27話
勝瀬橋旧寄居橋を混同されてるものと思います。
確かに大きさは似た
つり橋ですが、形状は違います。

    勝瀬橋
鈴木組の制作13話V3から来た男の秩父のシーンは
実際は、秩父の手前(荒川下流)長瀞で撮影されました。
また、制作14話の闇に光る目は、そのさらに下流に
あった旧寄居橋近辺で夜間に撮影されています。
その為に、13話のロケ地に等身のセブンが来ていて
16話(制作14話)の
ヒロシくんを抱いたスチール
存在しています。
これも季節的に
背景がなのは、写真で解りますので
12月オンエアの
13話(撮影は同日)とは合いますが

4月放送の
27話では合いませんし、27話でヒロシくんが

居るのは変です?


ウルトラセブンが16話のヒロシ少年を抱いてる写真など
数枚も、ココの昼間に撮影されています。


少年を抱いたのと同じ背景(画3は単独ポーズ写真)の山は
セブン後ろ真中奥の山木々が、他と違い、空の抜け感も
違うので、左右の山との位置からこの山で間違いありません。
*立っている岩は、撮影したモノかもですが?幾つか候補に
なる岩があるので、厳密な岩は解りませんでした。

  

     

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system