旧・秋川橋

あきるの市・戸倉本郷通り 光跡★ロケ地

ウルトラセブン

20話・地震源Xを倒せ

旧・秋川・橋


ラリー車が渡る橋は旧・秋川橋でした。


ラリー車が渡る橋は旧・秋川橋でしたが、橋は昭和62年
新しくなってしまい、橋の手前の建物図1も在りません。
画面に見える立派なは切られずに存在します。


緑がすごく、今の橋も撮影場所図1から
見えない状態でしたので、橋の所図1から
対岸方向を撮影しました。

    図1
撮影場所は武蔵五日市駅から少し西へ行った
橋からすると急斜面の上の図1からでした。


唯一残る旧橋のプレートはボルトの穴が四隅にあり
ますが、ボルト留めではなく埋めこまれていました。


旧・秋川橋と兄弟の橋は、いくつか下流にあった
同じ構造のデザインが見れましたが、姿を消しました。
写真は東秋留橋06.1

ウルトラマンタロウ

2話・その時ウルトラの母は

旧・秋留橋

 
光太郎のロードワークのシーンで渡っている橋は、旧・秋留橋です。
右奥に見えるのが、秋川神明社図3と境内にある大杉です。

 
現在の秋川神明社と大杉です。図3
*インターの高架が在るので川の北側から。

   図3
現在この周辺は2004~08年首都圏中央自動車道あきるのIC
工事で、大幅に変貌していて、光太郎の渡った旧・秋留橋
図の赤い橋に在りましたが、左側上流に図3新・秋留橋
その右・秋留人道橋へと架け替えられています。


図3の位置からの新・秋留橋秋留人道橋です。


図3
から下流方向に見える水道管トラス橋
この水道管橋に平行して、旧・秋留橋は在りました。

旅人からプロボクサーへ☆

東光太郎の初期設定には、世界中を旅して来た旅人が
白鳥船長の家に下宿して、プロボクサーを目指すと言う
ZAT以外の私的な設定が在りました。
この旧・秋留橋シーンも、同2話のしだくら橋
撮影と一緒に撮られたようですがジムに通い、ロードワークをして
10話で日本アマチュア新人王戦勝ちますが、2クール後には
略消えてしまう設定と成ってしまい…特にタロウに変身後も
ウルトラセブンのように拳を構えるスタイルを、アピールする事も無く
印象の薄い設定になってしまいました。

SPECIAL THANKS タロウ情報協力メトロンハートさん

ウルトラセブン

20話・地震源Xを倒せ

戸倉・本郷通り


女性ドラーバー&ナビラリー競技中に走行するシーンで
秋川戸倉の本郷通りが使用されています。図2中央上下
車体前から2人越しに、当時の本郷通りが映り
南下しているのが解ります。

 図2

旧・山下酒店

図2
コンビニになっても、お酒を販売していて
駐車場などから裏を見ると、酒屋さんだった跡が窺えたので

聞くまでもなかったのですが、やはり
山下酒店さんでした。
現・セブンイレブンになっても画面と同じく
斜めに位置しています。
*1番上の写真中央

  図2
少し見難いですが、画面左の床屋理容・タクラも健在でした。

  図2
その次に見える「たばこ」)の看板も残されていました。

  図2
たばこの看板は、戸倉バス停のある店舗にありますが
今は軒が重なり()見え難いですけども元気に存在します。

タイムスリップ


秋川の戸倉は、酒屋さんは変わっていましたが
当時の雰囲気が残るものが点在しタイムスリップしたような
錯覚を起こす場所で、造られた人工のレトロ館ではなく
わら葺屋根やホーロー看板や、古い壁やバス停などがあり
別の意味で楽しめました☆
*画像は、現在も普通に使用されてるセブンの頃の
ベンチで
バニラ8の絵が懐かしい♪

栄光の車☆


栄光への5000キロ 著・笠原剛三 三樹書房 現在も入手可

2代目ブルーバード(410・411)1963年9~67年
劇中車のブルーバードは、66年サファリラリー4台参戦
1台が5位完走し、クラス優勝を達成する。
今では、日本車が世界の舞台で活躍し優勝するのは
珍しくは無いですが、当時はまだまだ日本車のレベルは
低く見られていた為大きなニュースとなった。
このサファリの記録は、66年にベストセラーになる
栄光の5000kmと言う本で有名になり、69年に石原裕次郎
主演の栄光の5000キロと言う映画にもなる。
*映画は使用車は新型510型 *本の方も後に映画と同名になる。

この20話地震源Xを倒せは、28話700キロを突っ走れ!に拡大し
30話栄光は誰のためにも、サファリ砂漠を意識した
栄光の5000kmを、モチーフにしているのは明かです。

700キロを突っ走れ!は、いすゞベレット1600GT

 

SPECIAL THANKS 戸倉情報協力 

イビちゃん・戸倉ENEOSの方々

 

 

 

 

 

     

  

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system