カトリック☆芦屋教会

光跡★ロケ地

ウルトラセブン

14話・ウルトラ警備隊西へ・前編


対岸から見たカトリック・芦屋教会です。
当時よりも、丸窓と同じ位までの木が
伸びてるのが解ります。


階段からドロシー(偽)が、足早に歩く道です。

 
ドロシー(偽)が、タクシーを停めるロングのカットです。
教会前の川の対岸で、ドロシー(偽)の
歩いてた所から、ロケ地的には少し戻っています(^^;
マービン(秘密情報部員)が、タクシーを
目で追う寄りも同じ所ですが、石垣は震災の影響で
大きく修復された跡があり
マービンの目線高さの部分も、変わってしまっていました。

 
阪神芦屋駅北側に、100mほどの所に
芦屋教会
があり、駅南側すぐに市役所は在ります。
市役所対岸の教会は
クリスチャンセンター芦屋教会で、ロケとは無関係です。

芦屋川
教会のさらに上流には、阪急芦屋駅、国鉄(現・JR)の駅が
阪神、阪急は芦屋川の上を橋で渡りますが
JRとの交差は芦屋川が、高い位置を流れてる為
橋の上を水が流れて、鉄道が橋の下を走っている事で昔は有名でした。

 



芦屋駅(阪神)から、北に約100mの場所にある
カトリック・芦屋教会が
ドロシー(偽)が出てくる教会に使用されています。


ドロシー(偽)が、階段を降りて、下手(左)に行き
カメラが寄って行く階段です。

 
階段部分は、新しくタイルが張られて綺麗に
なっていますが、階段上脇の外灯などは
当時の画面のままに在ります。

台本には無い教会

このシーンは、ウルトラ警備隊西への台本には
まったく描かれていません。
この前のファースト♯
マービン(秘密情報部員)が上陸する
シーンは、よくベトナム戦争の
*トンキン湾事件
モチーフで無いか?と言う方が居ますが…
ちょと深読みな気がしますけども?(^^;
確かに…ダンとの会話での切り返しから想像できる
気はします。…事件になるのに、わざわざ昼間に
貨物船を
爆破したのかは
よく解りませんし、この教会のシーンも
ドロシー(偽)が、なぜココに居たのかは解りません?

満田監督によると、シナハン、ロケハンもしたそうですから
台本の無いシーンがあるからには、カットになってる
所があるのが普通ですけども、前編には
せいぜい
ハイドランジャーが、神戸沖に投錨されていて
艀から隊長らが、突堤に飛び移るくらいしか
ドラマ
(本編)側にはカット部分はありません。
やはり特撮シーンが、台本完成後に予算と時間から
変更になっている尺
(長さ)
合わせに、追加された
シーンのようです。

金城さんの台本だと
防衛センターは、山中にあり
砲台なども、山の斜面のシャッターから現れていたり
キングジョーと、戦車隊の攻防も在ります。
セブンの飛行カットや、セブンの下半身が
山にめり込み、釘を打つように
キングジョー
頭を叩かれて、
セブンがグッタリして、後編に続く
と、なっていて完成とかなり違いがあります。

*トンキン湾事件1964年8月
トンキン湾公海上、米艦艇に北ベトナム軍が2回魚雷攻撃を
キッカケに、米軍は北ベトナムに攻撃。事実上開戦になる。
北の発表では、米軍艦艇は北ベトナムの領海を侵犯して
南ベトナム軍艦と共に、スパイ秘密行動に従事していたと
先に家を覗いたり、ルールに反したと見解が双方で異なる。
*1995年の米国防長官は2回目の攻撃は無かったと証言。

フィクションと現実
ウルトラセブンは、何本かの作品に確かに当時のベトナム戦争を
頭に置いて描かれたと思われる作品があり、略したデータを
記していますが、フィクションはフィクションで、現実とは別ですのです。
照らし観る程度はいいと思いますが、完全に重合わせるモノでは
無いと思いますし、ベトナム戦争後に産まれたファンも
今後のファンも、特に当時の社会情勢を知って観ずとも
立派な娯楽作品として観る事が出来る作品ですので
現実と混同せずに、歴史は歴史で、作品は作品として観て下さい。

 

Copyright(C)2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製

inserted by FC2 system